ファンデーションの持ち運びリキッドはどうする?粉やパフは?

美容

旅行などお出かけ時にファンデーションの持ち運びに悩む~って人多いですよね。

リキッドファンデーションってガラス容器に入っていたりして重いし嵩張るし…でもさすがに旅行中ずっとすっぴんってわけにもいかないですよね(~_~;)

今回はそんなお出かけ時のファンデーションの持ち運びについて、リキッド・パウダー・パフそれぞれの方法や注意点をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ファンデーションの持ち運びリキッドはどうするのが良い?

リキッドファンデーションを使っていると、旅行の時にどうやって持っていくのかって結構悩みますよね。

リキッドファンデーションはガラス容器に入っていたりして結構重いし嵩張ります。また旅行中の扱い方で割れちゃったらなんてのも気になりますよねΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

そこでおすすめの持ち運び方法をご紹介します。

 コンタクトケースに小分けして持ち運ぶ 

コンタクトケースなら下地とファンデーションセットで持ち運ぶことも出来ます。
こぼれないの?とか乾いちゃわないの?なんてのも気になりますが、コンタクトの液をいれて運んだりするので結構密閉性ありです。

だから短期間の旅行中に乾いちゃうって事はないです。
絶対にこぼれないかと言われるとファンデーションの専用ケースではないのでなんとも言えないけど、念のためビニール袋に入れておけば万が一にも対応できますよね!

 ファンデーションサンプルの小さなプラ容器に詰め替えて使う 

後はファンデーションのサンプルって小さなプラスチックの容器に入っているものありますよね。その容器を残しておいて詰め替えて使うなんて人も結構います。

100均のPPケースを買ってきても良いですよね。

 そして究極は…試供品をそのまま持っていく 

試供品とかサンプル品がないかチェックしてみましょう。
あればそれを持っていくだけで解決ですよね。

もしなくてもお気に入りのブランドがあるなら、BA(ビューティーアドバイザー)さんに旅行に持ってくのが重いなんて相談するとサンプルくれたりなんて話も聞くので試してみても良いかも!

サンプルだけ貰いに行くのはあれですが…ちょうど買い足す(新しく買う)タイミングがあればサラッと聞いてみても良いのではないでしょうか。

同じお店でもBAさんによって対応も変わるみたいなので絶対に貰えるとは限らないですけどね(笑)

ファンデーション粉の持ち運びは?

パウダーに関しては普段から化粧直し用にコンパクトを持ち運ぶなんて人も多いのでそれほど心配はないのかなと思いますが…

旅行の時って言うよりも普段のお出かけの時にという悩みが多いです。
何って コンパクトで持ち運ぶと嵩張り ますよね(・_・;)

毎日持っていくものだから気になるという人も多いです。
そして、 持ち運びの衝撃なんかで固まっているパウダーが割れるなんて事もあり、それも悩みの1つ だったりします。

まずは嵩張るって所はこれ、レフィルで持ち運べば解決です(笑)

といっても…さすがにレフィルだと人前では化粧直しできないって悩みも出てくるんですが、化粧直しってまぁ人前でするものでもないし、トイレでササっと済ます分にはそれほど周りの目は気にしなくてもOKではないでしょうか。

それに、意外と同じように持ち運びはレフィルでって人多いんですよ。
透明なプラケースに入ったレフィルを出しているようなメーカーもあるし、そんなのを選ぶと持ち運びの時粉がこぼれないかなんて心配も解消ですね。

コンパクトに入れていてもパウダー部分が割れるってことあるのでレフィルだとより衝撃に弱いので割れやすくなるなんて事もあるかもしれないので注意しましょうね。

粉が割れてカバンの中が大変な事に…なんて話もたまに聞くので、コンパクトにせよレフィルにせよ化粧ポーチにしっかり収納しておきましょうね。

スポンサーリンク

粉のファンデーションが割れたらどうする?

パウダーファンデーションが割れちゃって…というのはあるあるだと思いますが、割れると持ち運びはもちろん家で使うときにも使いにくくて困りますよね。

割れたら捨てなきゃなの?となりますが、それはもったいないです。

割れちゃったら完全の戻すのは無理なので、逆に全部を粉々にして、ネットの付いたケースに入れてブラシで使う様にするというのもおすすめです。
オンリーミネラルとかミネラルファンデーションのCMなんかで見たことある人も多いのではないでしょうか。

他には持ち運びは出来ないけど再度固めるという人も…

この場合もしっかり粉々にしてからプレスしたり、化粧水を混ぜて練って成形しやすくしてから固めるって方法もあります。

この方法で固めてもすぐに割れちゃう可能性があるので持ち運びには不向きです。家で使う様と心得てくださいね。また化粧水を混ぜたものは品質は?!っていうのも気になりるので早めに使い切っちゃいましょうね。

ファンデーションに使うパフってどう持ち運ぶのが良い?

ファンデーションを塗る際にパフを使っている人は、これもどうやって持っていくのかが悩みどころだったりします。

パフってずっと使っているとカビが…なんて事もあるように雑菌とかが繁殖しやすいです。
なので出来れば通気性の良い袋なんかに入れて持ち運ぶのがおすすめです。

メッシュ素材とかオーガンジー素材なんかがおすすめです。

でも汚れない?!とか気になったりもしますよね(・_・;)
旅行中なんかだと特にかばんに荷物がぎゅんぎゅんでって人も居ると思います。

 一緒にいれていたものが汚れちゃうのではなんて心配もありますよね 
メッシュなんかは通気性良いけど、ぎゅっと押したらパフについてるファンデーションがついちゃうのが心配です。

なので旅行中に限りですが、小さめのジップロックの様な密閉できる袋に入れていくのもありです。
100均には絵柄がついて可愛い小さめの袋なんかも売っているのでそれを使うのも良いと思います。

可愛いのでそのまま化粧ポーチにinしても違和感なしです。化粧ポーチから普通のジップロック出てきたらちょっと引くかもだけど(笑)これなら大丈夫ですよね。

そしてホテルに着いたら空気に触れるように口を開けるとか、出しておくようにするとなお良しです。

肌に直接触れるものだからその辺も気を遣いたいですね。

まとめ

ファンデーションの持ち運びについてご紹介しました。

今まで私も結構重いけど仕方ないと、大きな嵩張るケースのまま持って行ったりしてたけど、コンタクトケース買っておこうって思いました(笑)

参考になれば嬉しいです。コンパクトに荷造りして旅行満喫してくださいね。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。