シャチハタチークって何?どこで買えて値段はいくら?

美容

文具好きな女子必見!

あのシャチハタハンコがチークになっちゃいました。
化粧ポーチからシャチハタハンコ、それを頬になんてインパクト大ですよね笑
知らない人が見たらもうご乱心としか言いようがないですが、実際販売されるんですよ^_^

シャチハタチークって何?どこで買えていくらなのと言うのをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

シャチハタチークって何?

文具好きな女子におすすめのコスメが登場!

なんと誰もが知っているあのシャチハタハンコがチークになっちゃいました

シャチハタチークは文房具×コスメのコラボレーションをしているステーショナリーコスメとのコラボで実現した物です。

使い方はとっても簡単で、まるでハンコを押すようにほっぺにポンポンとすればOK!

メイクが苦手で、チークを塗るとなんか厚塗り(T_T)
そんな不器用さんでも上手に塗れちゃう一品です。

簡単だからってポンポンしすぎると失敗するのでほどほどに…

シャチハタチークのカラーは2種類!

シャチハタチークってどんな色があるの?というのも気になる所ですよね。

  • 大人可愛いメイクをしたいならベビーピンク
  • 健康なナチュラルメイクをしたいならコーラルオレンジ

シャチハタチークはどんな人にもピタッと合っちゃう、使いやすい2色展開です。

シャチハタチークの見た目はまさにシャチハタハンコそのもの!
真っ黒なボディに「Shachihata」のロゴが入っています。

さすがにハンコと比べるとサイズは大きいです。
でも知らない人が見たら、「えっ!このシャチハタちょっと大きくない?!」となるぐらいそのままシャチハタハンコです(笑)

ちょっと血色悪く見えるからチークしてあげるってこれ出したら、いやいや流石にハンコは止めてってひかれるかも。

そんなちょっといたずらにも使えちゃうシャチハタハンコ!
インパクト大です。

シャチハタチークってどこで買えるの?

さてさてそんな遊び心もあるシャチハタチークですが、どこで売ってるの~と気になりますよね。

う~ん。残念ながらちょっとすぐ手に入るものではないんです^^;
このシャチハタチークは「文具女子博」でのみ買える限定商品なんです(^_^*)

欲しい人は文具女子博へGOですよ。

文具女子博って?

文房具好きなら知ってるかもしれないけど、文具女子博って何?!って人も多いはずなのでご紹介しますね。

文具女子博とは、日本最大級の文具の祭典です。
昨年始まったばかりの新しいイベントですが、今年も開催されるって事は…

そうです。大好評だったんです

3日間と期間は短いですが、昨年は大人気で3日間で25,000人も集まったんですよ。
その爆発力や半端ないですね。

文具女子博
開催期間 2018年12月14日(金)〜12月16日(日)
開催時間 10:00〜17:00
開催場所 東京流通センター 第二展示場 Eホール、Fホール
入場料 500円

で、文具女子博ってどんなイベントよって事なんですが、入場料払って文房具を買うというイベントです。
どんだけって感じですが、文房具好きにはたまらないイベントなんでしょうね。

入賞するときに袋を貰ってブースを見ながらどんどんチョイス、最後に精算するって感じだから
途中で金銭感覚が麻痺しちゃうって声も…

会場へ行く際は覚悟が必要ですね。

もちろん買うだけじゃなくて、ワークショップがあったり買い物以外も楽しめちゃいます。
興味がある人はぜひ行ってみて下さい。

スポンサーリンク

シャチハタチークの気になる値段は?

シャチハタチークがどんなで、どこで買えるか分かったら後気になるのは値段ですよね。

ズバリ、シャチハタチークのお値段は
1,450円+税(1,566円)
です。

チークのお値段としては、高すぎず安過ぎずって感じですね。
ただネックはこれが欲しいとなると文具女子博へ潜入せねばなりません。

文房具好きだから他にも何があるのか楽しみって人は良いですが、これだけを買いに行くと入場料分500円余分に払う感覚になるのでご注意あれ!

といっても、シャチハタチークなんて文房具好きしか買いませんかね(笑)

ステーショナリーコスメではまだまだ可愛い文具×コスメが販売されてますよ~
これなんてインパクト大じゃないですか\(◎o◎)/!

 

まとめ

文房具が好きな女子って多いですよね。

私もいろんな文房具を見るの大好きです。
なのでそんなにメークはしないのに、シャチハタチークのニュースを見て思わず欲しいって思っちゃいましたよ( ´艸`)

でも文具女子博に行ったら散財の予感しかしないので要検討です。

ファンデーションの持ち運びリキッドはどうする?粉やパフは?

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。