ボリショイサーカスの横浜はいつ?チケットは?アクセスは?

サーカス

世界三大サーカスの1つであるボリショイサーカスが今年も横浜にやってきます。

昨年同様夏休み期間中の開催なので、夏休みの思い出に子供と一緒にサーカスを楽しんでみてはいかがでしょうか。
犬や猫のサーカスなど小さなお子様連れでも十分楽しめます。

今回はボリショイサーカスの横浜公演について、いつ、どこであるの?チケットってどうやって買うの?会場までのアクセス方法は?についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ボリショイサーカスの横浜公演2018年はいつ?

今年もボリショイサーカスが横浜にやっています。

昨年同様開催期間が例年より長くなっているので多くの人がボリショイサーカスを観るチャンスです。
開催期間が長いと行ける日程調整もしやすくなるのではないでしょうか。

夏休み期間中なので多くの家族連れでにぎわう事が予想されますね。

会場 横浜文化体育館
開催期間 2018年7月27日(金)~8月5日(日)
開催時間 横浜公演(24公演うち2公演は貸切)
平日2回公演 (7/27,7/30,7/31,8/1~3)11:00、14:00
(ただし7/30 11:00、7/31 14:00公演は貸切のため入場できない。)
土日3回公演 (7/28,7/29,8/4,8/5)10:30、13:30、16:30
公演時間 約2時間(休憩15分)

ボリショイサーカス(ロシアの連邦文化省に所属する組織)は1958年に初来日してから今年で60年にも渡り愛されてきたサーカスです。

ボリショイは「偉大な」「大きな」という意味を持っています。

ボリショイサーカスは約4,000人ものアーティスト、スタッフ、6,000頭以上の動物を有するサーカス団で日本ではトップレベルのアーティストが公演を行います。

ボリショイサーカス2018プログラム
犬のサーカス
ジャグラー
バイカーズ・オン・バルーン
ロシアンスイング
空中アクロバット
空中ブランコ
フラフープ
熊のサーカス
犬のサーカス
猫のサーカス
輪のバランス
ピエロ
ジキト(コサックの騎馬演技)

ボリショイサーカスの横浜公演では猛獣のサーカスはなく、出てくる動物は犬、猫、熊、馬なので小さなお子さんでも怖がらずにサーカスを楽しめると思います。

幕間のピエロとの掛け合いなんかも魅力の1つです。

大人は空中ブランコなんかの大技を期待しちゃいますけど、子供にはイマイチピンと来ないなんて事もあります。
子供にはやっぱり面白いピエロとか動物のサーカスなんかが人気です。

ボリショイサーカス横浜公演のチケットは?

ボリショイサーカス横浜公演のチケットは事前に前売券を購入するか、公演日に当日券を購入するかです。

ボリショイサーカス横浜公演のチケットは2018年5月12日(土)10:00から一般発売が開始されます。
(4/27~5/7までは事前案内が届いている人のみ購入できる優先販売期間があります。)

ボリショイサーカス横浜公演チケットの券種は?

券種は3種類で3歳以上は有料で、大人・子供に関わらず同一料金になります。

S指定席 ¥5,800
A指定席 ¥4,800
自由席 ¥3,800

自由席に引換えられる招待券などもあります。

スポンサーリンク

主催が東京新聞、東京中日スポーツ、tvkなので、新聞なんかを取っていると招待券が貰えるかもしれませんね。

ただし当日自由席がいっぱいだと引換えが出来ないので早い時間から並ばないといけないって事もあります。
暑い中なのでどうでしょうか…

自由席券を当日追加料金S席2,000円、A席1,000円で指定席券に交換することも可能です。
(金額は昨年実績です。)

S席でもサイド(東西側)の端っこだと見にくい、離れていても自由席は正面なので、早く行って良い場所に座れれば全体が見れて良かったなんて意見もあるのでその辺は考えようですね。

公式サイトでチケットを事前に購入する場合は座席の場所まで指定して買えます。
良い席でサーカスを楽しみたいという場合はそれが一番良い方法ではあります。

ただ舞台の真横になっちゃうと空中ブランコとか本当に見にくいんですよね…

スポンサーリンク

ボリショイサーカス横浜へのアクセス方法は?

ボリショイサーカスの横浜公演が行われる横浜文化体育館へのアクセス方法をご紹介します。

横浜文化体育館の最寄り駅はJR京浜東北線・根岸線の関内駅、横浜市営地下鉄ブルーライン線伊勢佐木長者町駅の2つです。

電車の場合

JR関内駅から

JR関内駅南口改札を出て右手側にある横断歩道を渡り左に曲がります。
不老町の交差点をマクドナルド側へ渡り右に曲がります。
そのまままっすぐ進むと横浜文化体育館です。

地下鉄伊勢佐木長者町駅から

伊勢佐木長者町駅2番出口を出て大通公園内をまっすぐ進みます。
万代一丁目交差点を右に曲がります。
そのまままっすぐ進むと横浜文化体育館です。

どちらから行っても徒歩5分ぐらいなのでどちらを使っても良いと思いますよ。
使い勝手の良い方で行ってみてください。

車の場合

車で行かれる場合は近くのコインパーキングを利用してください。
ただし台数が限られるので公共交通機関を利用するのが無難だとは思います。

横浜文化体育館とはJR線路を挟んで反対側ですが、横浜スタジアムや中華街もありますので休日は関内駅周辺駐車場は混雑していると思っていた方が良いですよ。

参考までに…関内駅周辺のコインパーキング 駐車料金は30分300円ぐらいが目安です。

まとめ

ボリショイサーカスの横浜公演、夏の思い出にぜひ足を運んでみてください。

中華街が近いのでサーカスの前後に中華街で食事を楽しんでも良いですね。
こういうプラスアルファがあると嬉しいですよね。

少し足を伸ばせば山下公園や赤レンガ倉庫もあるし、横浜観光の1つにボリショイサーカスを入れてみるのもお勧めですよ。

夏休みの横浜ではトミカ博も開催されます。
気になる方はこちらも見てみる。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。