Definitely

気になるから知っているに…

ホーム » 生活 » 梅雨時に気を付けたいキッチンのお掃除、ぬめりの防止とカビ対策

梅雨時に気を付けたいキッチンのお掃除、ぬめりの防止とカビ対策

目安時間約 8分

ジメジメとした梅雨の季節はなんとなく家にこもりがちになる人も多いのではないでしょうか。

何もする気が起きないという人も居るかとは思いますが、せっかく家にいる機会ですから有効に使ってみませんか?
梅雨の湿気でキッチンもぬめりやカビが気になるようになってしまったなんて人も居ると思います。

主婦の方なら家の中でも多くの時間を過ごすキッチンが汚れていると気分も悪いですよね。
カビはアレルギーの原因にもなり得るものですからいつでもきれいに保っておきたいものです。

今回はそんな梅雨時期に気になるキッチンのぬめりやカビを掃除する方法と防止する対策をご紹介したいと思います。

梅雨時に気を付けたいキッチンのお掃除ポイントは?

梅雨時はジメジメして本当に鬱陶しい季節ですよね。

キッチンは毎日使う場所ですから汚れも溜まりがちです。
そんな汚れを放置していると、梅雨の時期は特に雑菌やカビなどが繁殖しやすくなってしまいます。

大掃除というと冬の一大イベントという感じがしますが、実は冬は気温も低く汚れが落ちにくくなっているのであまり適した季節ではないんです。

梅雨は暑すぎず、湿気もあるので汚れが落としやすい季節です。

梅雨は気分も沈みがち...
外に出たいけど雨が...とストレスも溜まります。

この気分が沈みがちな梅雨だからこそ、キッチンの掃除をして気分を上げてみませんか。
せっかく家に居るんですから、お部屋も心もスッキリしちゃいましょう。

気温が高くコンロの油汚れなんかも落ちやすいのでおすすめなんですが、梅雨に一番気になるのはやっぱり排水口のぬめりやカビではないでしょうか。

もちろん全体を大掃除出来るに越したことはありませんが、全部やろうと思うと大変そうとなかなか行動にうつせない人も多いと思います。

今回は梅雨に気になる排水口のぬめりとカビ対策についてご紹介していきます。

キッチンのぬめりを防止するには...

キッチンは主婦の城ともいうべき場所なので、毎日手入れを欠かさないという人も多いと思います。

でも毎日手入れしているのに...

梅雨の時期には排水口のぬめりが気になる、なかなか取れないなんて悩みを抱えている人も居ると思います。

簡単な排水口のぬめり取り方法をご紹介します。
お掃除の定番になっている魔法の粉とも言われる重曹を使った方法をご紹介します。

重曹とクエン酸水を使う方法
重曹200mlを排水口に振りかける。
クエン酸水(水200mlに対してクエン酸小さじ1杯とかしたもの)を流しいれます。

たったこれだけで排水口のぬめりが取れます。
重曹とクエン酸は反応して発泡する泡がぬめりをとってくれるんですね。

とっても簡単でしょ!
もちろんぬめり取用の洗剤使っても良いんですけどね。
重曹とクエン酸の方がエコだしおすすめです。

そしてぬめりを取ったら、ぬめりの予防措置もしておきましょう。
これもきっと家にあるもので簡単に出来ちゃいます。

アルミホイル持っていますか?!
そのアルミホイルでちっちゃなお団子を作ります。ビー玉ぐらいのサイズでOK!
それを2~3個排水口の網(ネット)に入れておくだけです。

汚れをつきにくくするだけじゃなくて、臭いを抑える効果もあるんです。
まさに一石二鳥ですね。ぜひお試しください。

我が家の排水口にも早速入れてみました。

キッチンのカビを掃除する方法と対策!

梅雨時期にはカビも発生、増殖しやすいですからキッチンは特に食べるものを調理する場所ですから気になりますよね。

キッチンのお掃除ポイント

日々お手入れをしているから大丈夫と言う方もちょっとコンロ脇のコーキング部分とか細かい部分をみてみると汚れが...なんて事はないでしょうか。
ちょっとした汚れは日々拭いたりしているけど気づくと溜まっている事もありますよね。

キッチンのコーキング部分のお手入れ方法
汚れをふき取ります。(重曹やメラミンスポンジを使う)
消毒用エタノールをコーキング部分にスプレーするか刷毛などで塗ります。
エタノールは揮発性なのですぐ乾いてしまわないようにキッチンペーパーなどで保護すると良いです。
殺菌が終わったら酸素系漂白剤とキッチンペーパーなどを使用してコーキング部分を漂白すればOKです。

カビにはエタノール殺菌が効果的です。
他の部分に発生したカビにもエタノールは有効なので持ってないって場合はこの機会に準備しておくと良いのではないでしょうか。

もちろんカビ用洗剤とかも使えるんですけどね、あんまり強力なものはキッチンでは使いたくないかな~なんて思っちゃいますよね。
食べるものを扱う場所ですから安心・安全なものを使いたいですよね。

コーキング部分が劣化していたり、カビがすごくてという場合は再施工をするのが良いです。
初心者でも簡単に出来るようなので検討してみても良いのではないでしょうか。

お風呂場や洗面所などのコーキング部分も同様なので、1度やると次からはお手の物かもしれませんね。

カビの気になるこの季節は冷蔵庫の中の掃除も忘れずに...
冬だと冷蔵庫の掃除って寒くて嫌ですがこの時期なら比較的気にならないですよね。

食材を外に出してエタノール消毒液をスプレーして固く絞った雑巾で拭くだけでもかなり効果があります。

古くなってカビた食材なんかを放置しておくと新鮮な食材まで劣化しちゃいますからお掃除ついでに冷蔵庫の中の賞味期限切れや悪くなっている食材なんかのチェックもしてしまいましょう。

気を付けてたのに...奥に悪くなった食材が紛れ込んでることもありますから、定期的にチェックも兼ねて冷蔵庫の拭き掃除もしておくと良いですね。

後、シンクのカビなんかはぬめり同様重曹とクエン酸を使ってお掃除することが出来ます。

シンク内のカビのある場所に重曹を振りかけて、シンク全体をメラミンスポンジでこすります。
クエン酸水をスプレーして布でふき取ります。

水栓周りなど細かいところは綿棒などを使って掃除すると良いです。

まとめ

梅雨時期だからこそ気になるキッチンの汚れ対策ぜひしてみてください。
早いうちに対処しないとカビが根をはって頑固なカビ汚れになってしまいます。

もしかするとなんか面倒だなと感じた人も居るかもしれませんが、1つ1つの作業は決して大変な作業ではないです。
とっても簡単なのでぜひやってみてくださいね。

重曹とクエン酸とエタノールスプレーがあれば水垢やぬめり、カビ対策はOKと言ったところです。

梅雨時に気になるお悩みに関するまとめはこちらを見てみる。

  -    - 生活  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報