箱根駅伝往路まさかの青学6位!5分30秒差を跳ね返せるのか?

スポーツ

お正月の風物詩箱根駅伝ですが、大会5連覇、大学3冠を目指す青学が盤石の態勢かと思いきや…

まさかの5区山登りで不調でまさかの往路6位という結果になりました。1位東洋大、2位東海大が往路新記録を出す圧巻の走りだったとはいえ流石に5分30秒差は厳しい状況です。

ここでは箱根駅伝往路の結果や青学の逆転優秀はあるのかというのを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

箱根駅伝往路の結果は!?

2019年箱根駅伝往路が1/2に開催されました。

往路優勝は昨年に続き東洋大学が5時間26分31秒という往路新記録で優勝しました。
期待された5連覇のかかる青山学院大学ですが、まさかの6位という結果になりました。

  1. 東洋大学 5:27:31
  2. 東海大学 5:29:15(1分14秒差)
  3. 國學院大学 5:29:15(2分44秒差)
  4. 駒澤大学 5:29:15(3分28秒差)
  5. 法政大学 5:31:36(5分5秒差)
  6. 青山学院大学 5:32:01(5分30秒差)
  7. 順天堂大学 5:32:05(5分34秒差)
  8. 拓殖大学 5:32:08(5分37秒差)
  9. 帝京大学 5:33:30(6分59秒差)
  10. 中央学院大学 5:33:32(7分1秒差)
  11. 明治大学 5:34:14(7分43秒差)
  12. 中央大学 5:35:26(8分55秒差)
  13. 日本大学 5:35:37(9分6秒差)
  14. 国士舘大学 5:35:53(9分22秒差)
  15. 早稲田大学 5:36:06(9分35秒差)
  16. 日本体育大学 5:36:33(10分2秒差)
  17. 東京国際大学 5:37:15(10分44秒差)
  18. 神奈川大学 5:39:41(13分10秒差)
  19. 城西大学 5:40:10(13分39秒差)
  20. 上武大学 5:42:26(15分55秒差)
  21. 大東文化大学 5:43:07(16分36秒差)
  22. 山梨学院大学 5:44:16(17分45秒差)
  23. 関東学生連合 5:44:17(17分46秒差)(OP参加、参考記録)

今年の箱根駅伝はスタート直後に大東文化大学の新井選手が転倒して足を痛めるなど波乱に満ちたスタートでした。

スポンサーリンク

そして王者青山学院大学が3区森田選手の快走でトップに立ち盤石か?と思ったら、山の神候補と前評判の高かった5区武石選手が誤算でした。

5区の下りで息を吹き返しなんとか6位に食い込んだというところです。

箱根駅伝復路で青学は5分30秒を覆せるのか?

さすがの青学も5分30秒を覆すのは厳しいのか?とも思いますが、青学なら奇跡を起こしてくれるんじゃないかな~って思ってしまいます。

下りが得意とされる小野田選手がどんな走りをするのかに注目ですね。

原監督は8区までに1分30秒差まで詰めることができればまだ逆転は可能というようなコメントをされているみたいですね。

青学はここまで、出雲駅伝、全国大学駅伝を制してきた王者なので自力はあります。
明日も期待してみたいと思います。

まとめ

番狂わせもあった箱根駅伝往路ですが、数々のドラマがあって今年も楽しませてくれました。

上位チームには優勝の可能性はあるし、10位までのシード権争いも明日は注目ですね。

昨年復路で逆転された東洋大学、初優勝を狙う東海大学と実力者の揃う上位チームですが、当日の選手のコンディションにも左右されますもんね。

どこが優勝するのか、来年の箱根駅伝シード権をとるのはどこの大学なのか、明日の箱根駅伝も楽しみです。

箱根駅伝復路の青学の戦い方はこちらの記事にまとめていますよ。
⇒ 箱根駅伝復路青学逆転なるか?!シード権争いにも注目!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。