Definitely

気になるから知っているに…

ホーム » 紅葉 » 紅葉を香嵐渓で楽しむ見頃は?渋滞を避けるには?駐車場は?

紅葉を香嵐渓で楽しむ見頃は?渋滞を避けるには?駐車場は?

目安時間約 8分

愛知県の紅葉スポットと言えば言わずも知れた香嵐渓ですね。

東海随一の紅葉が見られ、全国的にも知名度の高い紅葉スポットです。
ただここちょっとアクセスに難ありなんですよね。

今回はそんな香嵐渓の紅葉の見頃がいつなのか?渋滞を避けるにはどうすればよいか?駐車場の状況はどうなのか?についてご紹介したいと思います。

紅葉を香嵐渓で見るなら見頃はいつ?

香嵐渓は東海No.1との呼び声も高い紅葉スポットで、紅葉の時期には多くの観光客が県内外から訪れます。

せっかく紅葉を見に行くのであればしっかり色づいたきれいな紅葉を見たいと思いますよね。
特にここ香嵐渓はアクセスにちょっと難があるので、せっかく行ったのに時期が早かった、遅かったでは悔しいですから、ぜひ見頃に合わせて計画を立てたいものです。

紅葉は自然現象なので予想が難しいですが、香嵐渓の見ごろは例年通りであれば11月中旬から11月下旬にかけてが見頃だと言われています。

ある程度の目安はこれでOKですが、年によってやっぱり早かったり遅かったりはあるので、その年の気温の推移なんかで予測を立てられると良いです。

葉っぱが色づくのは朝の最低気温が8度ぐらいになると始まり、5度以下になると見頃を迎えると言われます。
でも毎日香嵐渓の朝の最低気温をチェックするのも面倒というかなかなか難しいですよね。

そこでよく言われる紅葉の10・10・10の法則を使って予想してみましょう。

紅葉の10・10・10の法則とは...
朝の最低気温10度を目安に、10度未満の日が10日程度で葉っぱが色づきはじめ、更に10日程度で見ごろを迎え、また更に10日で最盛期を迎える

こちらも朝の最低気温がいつよ(゜_゜>)ってなるかもですが、気象庁がよく今年は平年並みの気温でなど言っているかと思うのでそれを参考にしてみてください。

気象庁発表の天気概況を基準にした紅葉の見ごろとは?

平年並みの気温であれば例年通りの見ごろである11月中旬~下旬
平年より暖かいのであれば例年より遅めの11月下旬~12月初旬
平年より寒いのであれば例年より早めの11月初旬~11月中旬

こんな感じで予想して出来るだけきれいな紅葉を見に行ってみてください。

ただし、例年香嵐渓もみじまつりの最中には紅葉のライトアップも行われますが、2017年のもみじまつりの日程は発表されていませんが、毎年11月1日~11月30日となっているので、紅葉が遅めでも12月にはライトアップは見られませんのでご注意ください。

紅葉のライトアップは日没~21:00(2016年実績)までです。
21時になるとパッとライトが消えてしまうようなので、急に暗くなってびっくりしないようにしましょうね。

ギリギリまで楽しみたい場合も21時を目安に駐車場などに戻れるようにするのがおすすめですよ。
ただギリギリまでいると帰りの渋滞に完全に巻き込まれるのでその辺は覚悟の上でって事でお願いします(・。・;

香嵐渓へ紅葉を見に行くのに渋滞を避けるには?

香嵐渓は電車の駅が近くないので車で行く人が多くなります。

毎年紅葉の時期にはかなりの渋滞が発生しています。

車でのアクセス方法
関東方面からは東名高速「豊田JCT」から東海環状自動車道「豊田松平IC」下車(ETC付きであれば鞍ヶ池スマートIC下車)県道39号経由、国道153号を飯田方面へ約15km
関西方面からは「名古屋IC」下車、猿投グリーンロード終点、「力石IC」下車、国道153号を飯田方面へ約10km

国道153号を使う必要があり例年渋滞が発生しています。
う回路なんかを知っていると少しは渋滞を避けることが出来ますが、下手に裏道に入るとすれ違いが難しいような細い道を通るって事にもなりかねません。

私は運転苦手なのでこういうう回路って怖くてなかなかいけないんですよね(^-^;

道をあんまり知らない、運転もあまり得意でないって場合は王道の道で行くのが良いんですが、そうするとどうしても渋滞は避けられないんですよね。
避ける方法としては、朝早く行くって時間的なものになっちゃいます。

結構朝も早めから混んでくるので朝6~8時ぐらいに着いて、早朝散歩をしてみるのもおすすめです。

さすがに朝6時に行けば渋滞に巻き込まれることもないですし人も少なくて紅葉を満喫できますよ。

思い切ってバスを使うのもおすすめ

香嵐渓は最寄駅って言うのがとっても遠くて、そこからバスで1時間とかかかります(・・;)
でも自分で運転して渋滞にはまるよりは...と考えるとバスを選択するのもありではないでしょうか?

名鉄バスを利用する場合

・名鉄名古屋本線「東岡崎」駅から足助行 「香嵐渓」バス停下車 所要時間は約70分で運賃は片道800円です。
・名鉄三河線「豊田市」駅から足助行 「香嵐渓」バス停下車 所要時間は約45分で運賃は片道800円です。

帰りは東岡崎駅行のバスは比較的早い時間で終わってしまうので注意!
豊田市駅のバスは21:39が最終です(2017年7月13日時点)

豊田おいでんバスを利用する場合

・名鉄豊田線「浄水」駅から百年草行 「香嵐渓」バス停下車 所要時間は約60分で運賃は片道500円です。

ただバスも渋滞にかかってしまうと思うので所要時間がどのくらいかかるかはちょっと...ってなっちゃうので時間に余裕がない場合はあまりおすすめできません。

香嵐渓の紅葉を見るのに駐車場はあるの?

香嵐渓は交通の便が悪いのはわかってもらえたと思います。

車で行く人も多いので駐車場はありますが、紅葉期間中はかなりの人が車で集まってくるので時間によっては入れないって事もあります。
紅葉期間中は臨時駐車場も結構多く設置されますが、やっぱり来る人とのバランス的に駐車場が足りないんですよね(^-^;

また駐車場に1度車を停めると、紅葉を見ながら散策をしたりなかなか出庫しないので、駐車場待ちの車でますます渋滞が増えるっていう負のスパイラルに陥っちゃいます。

香嵐渓園内は常時開放されているので、やっぱり渋滞にイライラせず、駐車場にもすんなり入れるようにとなると朝8時前には現地に到着するように家を出るのが正解ですね。

みちナビとよたというポータルサイトで11月からは香嵐渓の情報(駐車場の空きなど)なんかも発信されるのでその辺もチェックしてみてください。

まとめ

東海地方の随一の香嵐渓の紅葉はぜひ見ていただきたいおすすめスポットですがちょっとアクセスがネックになるかなって感じです。

それでも例年多くの人が訪れる紅葉スポットって事はそれだけ綺麗な紅葉を見れる場所でもあるのでぜひ行ってみてください。

名古屋市内発バスツアーなんかもたくさんあるのでその辺も視野に入れて紅葉狩りの計画を立てるのもおすすめです。

その他のとっておきの紅葉おすすめスポットはこちらも見てみる。

  -   - 紅葉  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報