九重の大吊橋の紅葉の見頃は?震動の滝は絶景!?アクセスは?

紅葉

九重”夢”大吊橋は2006年10月に開業して以来約1,000万人の人が訪れる絶景の観光スポットです。

歩行者専用の橋としては日本一の高さを誇り、360°大パノラマが広がり紅葉の時期には実に見事な景色が迎えてくれます。吊橋を歩くとまるで空を散歩しているような気分になれますよ。

今回はそんな九重の大吊橋の紅葉の見頃は?橋から望める震動の滝と紅葉のコラボレーションは?アクセス方法は?についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

九重の大吊橋の紅葉の見頃は?

大分県にある九重”夢”大吊橋は2006年10月30日に開業しました。

  

標高777m、地上からの高さ173m歩行者専用の吊橋としては日本一の高さを誇ります。
長さは390m、幅1.5mの吊橋で、紅葉の季節には特に多くの観光客が訪れます。

開業から10年ちょっとですでに1,000万人を超える人が訪れているんですからその人気がうかがえますね。

九重”夢”大吊橋
高さ 173m(標高777m)
長さ 390m
無休(強風など悪天候によっては入場規制がかかる事もあります。)
入場料 中学生以上 500円 小学生 200円 小学生未満 無料
開場時間 7~10月 8:30~18:00 11月~6月 8:30~17:00
(入場券の販売は閉場の30分前まで)

あっ橋を渡るのにお金って必要なのね~ってのが最初の感想です^m^
でも考えてみたら建設費も回収しなきゃだし、夜の時間には閉場されてる方が安心ですよね。

なんてったって地上173mの吊橋で、眼下には鳴子川渓谷の原生林…夜には真っ暗ですよね^_^;

そんな九重”夢”大吊橋の紅葉の見頃と言えば、10月下旬~11月上旬です。
ライトアップなどは行われないので早めの時間に行ってくださいね。

混雑も予想されるので午前中から昼過ぎぐらいを目処に行かれると良いかもしれませんね。
道が混んでて到着が遅れちゃったでもしっかり景色を楽しめますから(*^_^*)

暗くなってくるとせっかくの絶景を見ることができないかもしれませんよ。

混んでると橋の途中で立ち止まって景色を楽しむって言うのは無理かもしれませんが、入場ゲートをくぐると橋全体を見渡せる展望広場がありますので展望広場からの絶景もお見逃しなく

吊橋ですから多少は揺れます。混雑時には橋の上は人、人、人でこんなに乗ってて大丈夫って思う人も居るかもしれませんね。

でも大丈夫です。九重の大吊橋は体重65kgの人が1,800乗っても大丈夫、風速も65mくらまで、震度7の地震ににも耐えうる設計になっています。

人数はともかく、風速65mもあったら橋がよりも自分が飛んでっちゃう方が心配ですけどね^_^;

 

震動の滝と紅葉の競演は絶景?!

九重の大吊橋は、吊橋と紅葉のコラボだけでなく、日本の滝百選にも選ばれている「震動の滝・雄滝」、「雌滝」までも一緒に見ることが出来ちゃいます。

震動の滝は日本の滝百選に選ばれているだけあって、滝だけでも見る価値ありなんですが、紅葉との競演はまさに絶景ですよ。

地上173mの空中散歩を楽しみながら滝と紅葉の雄大な眺めを楽しんじゃってくださいね。

震動の滝には遊歩道もあるにはあるんですが、2016年の熊本地震後は閉鎖されているので今は震動の滝の近くまで行くことはできません。ちょっぴり残念ですが、橋から見るだけでも癒されること間違いなしです。

それにしても自然の中にいるとなんであんなに癒されるんでしょうね。
秋は陽気も良いですし、日本には紅葉というとっても素晴らしい景観があるのでぜひ自然のパワーを貰いに行ってみてください。

震動の滝の竜神伝説とは?!

日本の滝百選にも選ばれる震動の滝には竜神伝説があるんです。

竜神伝説を簡単にご紹介しておきますね。(諸説あります)

震動の滝には年老いた竜神様が住んでいました。竜神様は年のせいか神通力も弱まってきて困っている時に、人間の若い娘を食べると100年は長生きできると耳にします。

そこで神通力で釣り人を滝つぼに呼び寄せ、娘を差し出せと釣り人に迫ります。釣り人は怖さから娘を差し出すと約束してその場から逃げ帰ります。

竜神様が待っていても娘が差し出される様子もなく怒った竜神様が釣り人の村の水を全てなくしてしまいます。水が無くなり村はピンチに、その上竜神様は最後の力を振り絞って崖を上り村に火をつけようとします。

竜神様のたたりと焦った村人の1人(娘の恋人)が一計を案じ白鳥神社で餅をつき、不老長寿の祈りをささげて竜神様に差し出しました。竜神様はそれでおさまってくれて、その後は天災などがあったら餅をついて滝つぼに投げ入れたとされています。

震動の滝には、今も竜神様が上った跡が残っていて竜神崩れとか白崩れなんて言われていますよ。震動の滝に行った際にはぜひ見てみてくださいね。

こんなプチうんちくネタも知っていると観光もより楽しめるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

九重の大吊橋へのアクセスは?

魅力がたくさんの九重の大吊橋へはどう行ったら良いんでしょうね。

無料の駐車場もあるので車でも行けますし、路線バスを利用しても行くことが出来ます。

九重大吊橋の駐車場
普通車 229台
大型車 37台
身障者用 6台

行かれる際は住所でナビ設定するのがおすすめですよ。
 大分県玖珠群九重町田野1208 

九重ICから県道40号線で約25分です。
大吊橋に近い紅葉の名所九酔渓もあり、ドライブに訪れる人も多いので混雑は覚悟してくださいね。

JRを利用する場合
JR豊後中村駅からコミュニティバス(大吊橋中村口バス停下車)

コミュニティバスは…

九重IC⇔JR豊後中村駅⇔大吊橋中村口を走行しています。

福岡空港・博多・天神方面からは高速バス≪ゆふいん号(要予約)≫で九重ICまで行きコミュニティバスに乗り換えです。

大型バスの駐車場も完備しているので観光バスも多く訪れます。
バスツアーなんかを探してみるのもおすすめですよ。

その他のとっておきの紅葉おすすめスポットはこちらも見てみる。

まとめ

紅葉を眼下に見ながらの空中散歩が楽しめる九重”夢”大吊橋で紅葉を楽しんでみてください。

日本一の吊橋を渡るって目的だけでもちょっとワクワクしませんか?
360°の大パノラマ、日本の滝百選にも選ばれる震動の滝、絶景の紅葉と見どころは満載ですよ。

九重”夢”大吊橋は九州オルレと呼ばれるトレッキングコース(九重・やまなみコース)のステート地点にもなっていますよ。

九重”夢”大吊橋周辺の観光・ホテル情報はこちら【楽天たびノート】

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。