Definitely

気になるから知っているに…

ホーム » 美容・健康 » 子供の虫歯に進行止めはどうなの?効果は?なぜ黒くなる?

子供の虫歯に進行止めはどうなの?効果は?なぜ黒くなる?

目安時間約 10分

子供に歯が生えて、離乳食が始まってから歯のお手入れもしてきたつもりだったのに、子供に虫歯が出来てしまったなんて事ありますよね。

虫歯が出来てしまったら歯医者で治療するんですが、子供によっては削るなどの治療が出来ないことも多いです。そんな時は子供の虫歯には進行止めを塗ってとりあえずこれ以上虫歯を進行させないようという治療をしますがあんまりよくないって話も聞くし~って人も居るのではないでしょうか。

今回はそんな子供の虫歯治療によく使われる進行止めについて、その効果や黒くなるのはなぜなのかをご紹介していきたいと思います。

子供の虫歯に進行止ってどうなの?

子供の虫歯治療の1つに進行止めを塗るって事があります。

 

これは出来たばかりの小さな虫歯に出来るもので、虫歯が進行している場合にはこれでは対応できないこともあります。

大人の虫歯治療と言えば、虫歯を削って詰め物をしてというのが一般的ですが、小さい子供にはこれ結構難しかったりします。

大人でもあの治療の椅子に座って歯を削られるの恐怖だったりしますもんね(-_-;)それを小さい子供に我慢して...というのは酷な話ですし、実際口を開けてじっと座っていられないって子もたくさんいます。

そんな中ちょっと虫歯になっちゃった歯に進行止めの薬を塗るだけでいいんですから良いと思いますよ。

進行止めは歯が黒くなるっていうし使いたくないというママも多いんですが、小さいころに歯医者嫌いになっちゃうと大人になってからもなかなか歯医者に行かず歯がボロボロに...なんて事にもなりかねないので、ちょっと黒くなろうが進行止めを使う選択肢も考えるべきではないでしょうか。

 そもそも歯の健診って子供もちゃんと行っていますか? 

うちはちゃんと磨いているからとかで判断しないで、きちんと定期的にチェックしてもらってフッ素を塗ってもらったり日ごろから虫歯にならないような行動してあげてくださいね。

3歳の息子は保育園に通っているので保育園で毎年歯の検診があります。
2歳の検診で「虫歯の恐れあり...」というお知らせを持ち帰ってきて、それ以来3カ月に1度はフッ素を塗布してもらいに行っています。

結果的には虫歯はなかったので今のところは治療の必要はないですが、虫歯には気をつけなきゃとは思っていたので歯磨きをしたり私的にはしっかりやっているつもりでした。

市の検診の際には問題なかったし、保育園で言われなかったら気づかないまま虫歯になっちゃってたかもと思うと怖いですよね。

小さくてももしも虫歯があれば進行止めを塗ってもらうだけで子供の歯が守れるんですからぜひぜひ歯医者行ってみてくださいね。

まずは自分のかかりつけの歯医者さんで相談してみるというのも良いのではないでしょうか。私は一緒に歯医者に通っていますよ。小児歯科ってわけではないですが、保育園の指定医だったので...

どうしても心配という人は小児歯科を探していくと良いですよ。先生もスタッフの方も子供に慣れていますからきっと安心して任せられると思います。

子供の虫歯に進行止めの効果は?!

子供の虫歯に進行止めを塗るという治療は初期の虫歯には効果があります。

すでに歯が大きくなっているとさすがに進行止めでってわけにはいかなくなっちゃうので早め歯医者受診がおすすめですよ。

ただ進行止めの薬は万能薬ではないです。一時的に虫歯の進行を抑える効果があるもので、日々の歯磨きやおやつに注意していれば永久歯が生えてくるまでは削るなどの治療をしなくても良い可能性があるというものです。

進行止めを塗ったからって出来た虫歯が良くなるわけではないですし、歯磨きをしなかったりおやつも食べ放題で何の対策もしなければ虫歯は進行したり、他の歯が虫歯になったりしますので気を付けましょう。

それに、1度塗ったらOKというものではなくて、年に2~4回継続して塗り続ける必要もあるのでその辺も勘違いしてしまwないようにしてくださいね。

子供の歯を守れるのは親の私たちだけですからね。歯医者が好きじゃないからとかそんな理由で子供を歯医者に連れて行かないとかいう事のないようにしましょう!

進行止めを効果的に用いるための注意点

先ほども言った通り、進行止めは治療薬でも万能でもないので、塗ったからもうすべてOKではなく定期的なチェックと歯のお手入れをしっかりする必要があります。

虫歯の進行止めの効果が期待できるのは子供の歯の初期虫歯です。早めに見つけてあげないと進行止めではなんともならなくなっちゃうので注意して下さい。

そして、先ほども言いましたが1度塗って終わりではなく、年2~4回継続して塗る事、その際にしっかり健診を受けて他に虫歯はないのか、進行止めによって虫歯の進行が止まっているのかのチェックも忘れずにしてください。

そして歯磨きは必須ですが、黒くなった個所(虫歯部分)を黒光りするほど磨くのが大切なんです。黒光りするほどって凄いですが、そのぐらいしっかり歯磨きをしないとなんですね(;^_^A

虫歯の進行止めを使っても虫歯は進行するかもしれません。しっかりお手入れ&健診受けて子供の歯を守ってあげましょう!

虫歯の進行止はなぜ黒くなるの?

虫歯の進行止めを塗ると歯が黒くなるって聞くけどそれはなぜなんでしょう。

虫歯の進行止めが黒くなるのは...

虫歯の進行止め(サホライド)に含まれる銀成分が歯の組織と反応したことで黒くなるんです。虫歯になるときは歯が軟らかくなりその部分が虫歯になって行くんですが、この軟らかくなってきた歯に進行止めの成分がしみ込んで固める効果があります。

歯が軟らかくなっている部分があればそれが薬と反応して黒くなる。という事は 虫歯がない場所まで黒くなっちゃうなんて事はない です。虫歯もほっておけば黒くなりますからね、黒くなるのがそれほどデメリットではないと思います。

歯が黒く見えるのはかわいそうだから進行止めは使いたくないって言う人もたま~に見かけますが、誰がかわいそう?!って聞きたいです。

だって子供は虫が進行して痛みが出るほうが嫌ですよね。そこから何度も歯医者に通って治療を続ける方が嫌だと思いませんか?

確かにね見た目って気になりますけど、塗ってある、黒くなってるって知ってるから気になるのであって、他人の子供の口の中チェックしますか?あ~この子虫歯あるな~とか見た事あります?!

ないですよね(;^_^A

そんなもんなんです。それに虫歯ってそもそも歯の裏側とか歯の間の隙間部分とか見えにくい部分、磨き残しが出ちゃうような部分に出来やすいですよね。

って事は 進行止めを塗って黒くなった部分も見えにくい場所になる可能性が高い です。

子供の虫歯の進行止めを塗ると黒くなっちゃうなんてのはデメリットには入らないと個人的には思いますよ。それよりも子供の虫歯を止めてあげられる。削ったり、痛い思いをさせないで済むならメリットしかないように感じちゃいます。

他に理由があるならですが、黒くなるからやりたくないっていうのはちょっと親の勝手な言い分って気がします。

まとめ

子供の歯を守るのは親の務めです。特にまだ自分でいろいろ判断できない小さい子供の場合には親がしっかり見てあげないとですよ。

子供が嫌がるから歯磨きをしない...
確かに嫌がる子に歯磨きをさせるのって大変だったりするし、もういいやってなる事もあります。

でもそのツケが回ってくるのは子供です。歯のお手入れはしっかりしてあげましょう。それでももし虫歯かも?!って思ったら早めの治療で子供の負担を少しでも軽減してあげましょう。

虫歯の進行止めは万能薬ではないですが、子供の虫歯の進行を一時的にでも止めてくれます。まだ進行止めの使える初期の虫歯であればぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

子供の歯が虫歯になる前にしっかり健診をして、お手入れをして守ってあげてくださいね。

  -   - 美容・健康  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報