トミカ博安比が開催される場所は?チケットは?宿泊なら?

トミカ&プラレール

今年の夏もトミカ博が安比高原にやってきます。

夏の風物詩として定番化しつつあるトミカ博、2018年は「ようこそ!!あたらしいトミカタウンへ」です。(2017年は「~はたらくクルマだいしゅごう!!」です。)
子供ってなんであんなにはたらくクルマ好きなんでしょうね?!
夏休みの旅行も兼ねて子供と一緒にトミカ博へ行ってみてはいかがでしょうか。

今回はそんな安比高原で行われるトミカ博の会場はどこ?チケットの購入方法は?宿泊するなら?についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トミカ博2018in安比の開催場所は?

2018年夏も安比高原にトミカ博がやってきます。

例年の行事になりつつありますが、発表までは今年は開催されるのかなとヤキモキしていた人もいるのではないでしょうか。

今年のトミカ博は「~はたらくクルマだいしゅうごう!!~」で、こどもが大好きなはたらくクルマがテーマになっています。

トミカ博2018 in APPI~はたらくクルマだいしゅうごう!!~
開催期間:2018年8月4日(土)~8月19日(日)の16日間
開催時間:10:00~16:00(最終入場15:30まで)
会場:安比高原 安比プラザ屋内特設会場
お問い合わせ 019-656-3300(めんこいテレビ内)平日9:30~17:30

開場である安比高原は岩手県にある日本有数のオールシーズンリゾートです。
夏の家族旅行を兼ねてトミカ博を訪れるプランを考えてみてはいかがでしょうか?

トミカ博以外にも安比高原牧場で遊んだり楽しめる要素が盛りだくさんの会場です。
盛岡駅からJR花輪線で約1時間で最寄りの安比高原駅に着くことが出来ます。

宿泊の場合は安比高原駅から各ホテルへ連絡するとお迎えが来てくれますよ。
前日入りしてホテルへチェックインしてゆくり過ごすのも良いですし、トミカ博を楽しんでから宿泊・リゾートを満喫しても良いですね。

もちろん車で行くことも出来ます。

東京、仙台方面からは東北自動車道松尾八幡平ICで下車国道282号を約15kmです。
東京から安比高原は約7時間高速料金が10,900円、仙台からは約3時間高速料金は4,850円です。

青森からは東北自動車道、八戸からは八戸道で安代IC下車国道282号約15kmです。
青森からは約2時間高速料金3,050円、八戸からは約1時間高速料金1,700円です。

こちらの記事も参考にしてください。
⇒ トミカ博安比の混雑は?アトラクションのおすすめは?働く車の展示も!を見てみる。

トミカ博2017in安比のチケット購入方法は?

トミカ博2017in安比へ行くのが決まっているのなら早めにチケットを購入しておくことをお勧めします。

チケット料金

前売券
大人(中学生以上) 800円
子ども(小学生以下) 600円
販売期間:2017年6月11日~8月3日(金)まで

当日券
大人(中学生以上) 900円
子ども(小学生以下) 700円
販売期間:2017年8月4日(土)~8月19日(日)

※2歳以下は入場無料です。

当日券は会場では当日のオープン直前から最終入場時間までの販売です。
混雑時には当日チケットを買うのにも並ぶ事もあるので、行くのが決まっていれば前売券を買っておくのがおすすめです。

1人につき100円安いだけですが、2人で行けば200円でプレイチケット2枚分になりますからね。

トミカ博は入場料よりもアトラクションのプレイチケットの方がお金かかりますから、ぜひ前売券を購入してくださいね。

行くのが決まっているのであれば1枚当たり200円お得になるのでぜひ前売り券の購入がおすすめです。

チケット料金には入場記念トミカ「TDMツナグーン」(料金)が含まれています。
入場記念トミカが貰えるのは有料入場者のみです。
2歳以下で無料の場合は貰えませんのでご注意ください。

トミカ1台もらえてこの価格ですらかそんなに入場料自体は高くないですよね。

セブンチケットやローソンチケット(Lコード:22624)で直接購入することが出来ます。
ぜひ前売りチケットを手に入れてお出かけの計画を立ててみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

トミカ博2018in安比で宿泊するなら?!

トミカ博の行われる安比高原は国内有数のリゾート施設です。
リゾートという事もあってちょっと交通の便は…です。

子供と一緒に早朝から車で行くのも良いですが、パパママも疲れますし、車で寝ているとはいえ子供も疲れちゃいます。

安比高原は安比高原牧場で動物と触れ合ったり、釣りなんかを楽しむことが出来ますし、大工さんが創ったゆうえんちでは木のぬくもりたたっぷりのアトラクションが楽しめます。

トミカ博だけで遠出はちょっとという人もここならたくさんの遊び方が出来ます。
スポーツクラブ「オリンピア」の温水プールなんかも利用できます。

パパママも子供たちもゆっくり出来るし、いろんな楽しみ方が出来るのでトミカ博2018in安比に行くなら宿泊予定で行くのがおすすめです。

トミカ博の入場券がついたお得な宿泊プランが用意されているホテル安比グランド本館&タワーがおすすめです。

朝食夕食もついて1泊9,000円(大人1名)~用意されています。
(宿泊の日程によって異なります。)

未就学児(小学生未満)は宿泊料も無料になります。
宿泊無料は嬉しいですよね。

ただし寝具が必要な場合は3,900円~、食事に関しても3歳以下は無料ですが4歳以上は朝食・夕食とも追加料金が発生します。

後気を付けたいのは宿泊料がかかる人数分はトミカ博のチケットが宿泊にセットされていますが未就学児分はチケットが付いてきません
3歳以上はトミカ博の入場料700円(当日料金)がかかるので、宿泊予約をしたら3歳以上小学生未満の未就学児分だけでも前売券を買っておくと良いですよ。

宿泊予約は安比高原のHPから出来るのでチェックしてみてくださいね。

このプランの対象は1室2名以上の宿泊からです。
添い寝の子供は人数に含まないので注意してくださいね。

後気を付けたいのが食事ですが夕食バイキングは8/10~15のみの開催です。
それ以外の日に宿泊の場合は和食・中華・焼き肉の3店舗から選択で席の事前予約が必要です。
(バイキングの場合は予約不要)
0195-73-5010(9:00~19:00)電話にて予約、オンラインでは予約できないので必ず電話で問い合わせる必要があります。

その他にもお風呂がなんとも素敵な「モルデンの湯 ラビスタ安比高原」や白樺と小川で囲まれた1000坪のガーデン遊び放題の「ロッキー イン」、野外BBQもでき、キッチン・冷蔵庫・食器・調理器具も揃っていて自炊も可、別荘感覚で利用できる「ロッジ タンデム」などたくさんの宿があります。

トミカ博プランがあったホテルグランド本館&タワーを紹介しましたが、お気に入りの宿を探してみるのも良いですね。

安比高原周辺の観光スポットはこちら【楽天たびノート】

まとめ

子供と夏の思い出作りにトミカ博in安比に行ってみてはいかがでしょうか。

トミカ博以外でも夏のリゾートを満喫できるので、パパママの日ごろの疲れを癒すのにもおすすめです。

大人も子供も嬉しい安比高原で最高の夏の思い出を作ってみてください。

2017年のイベント限定トミカが気になる方はこちらを見る。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。