どまつりの楽しみ方は?総踊りの振り付けをチェック、参加方法は?

イベント

真夏の名古屋で日本最大級の「どまつり」が今年も開催されます。

開催まであと数日ですがまだまだお祭りに参加する方法ありますよ~(^^♪
どまつりは「観客動員数ゼロ=全員参加型」の祭りをコンセプトに掲げて開催されます。

フラッと立ち寄るも良し、最初からがっつり参加するもよしで一緒に祭りを楽しみませんか?

今回はそんなどまつりの楽しみ方や総踊りの振り付けについて、どまつりに参加したくなったら?についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

どまつりのおすすめの楽しみ方は?

どまつり(正式名称:日本ど真ん中祭り)国内外から207のチーム、23,000人以上の人がそれぞれの地域の踊りなどを披露するお祭りです。

どまつりのルールは2つ、踊りの曲の中に地元の民謡の一節を取り入れる事と鳴子を持って踊る事です。

3日間の延べ来場者数は200万人以上というビッグなお祭りです。
夏休みの最後の思い出に名古屋で熱い1日を…感動・興奮・熱気を感じてみてはいかがでしょうか?

どまつり 開催日程
2017年8月25日(金) 前夜祭 キャンパスバトル(17:00~21:00)
2017年8月26日(土) 本祭 U-40大会 2017ファイナルシード決定戦(8:50~21:00)
2017年8月27日(日) 本祭 第10回どまつりジュニア大会 ファイナルステージ (8:50~21:00)

久屋大通公園のメイン会場は有料席が設けられています。
すでにファイナルコンテストのチケットは売り切れですがそれ以外の時間帯のステージ観覧券は発売中です。
(チケットぴあ Pコード635-861)

2016年のどまつり大賞岐阜聖徳学園大学「柳」の演舞

踊りをメインで楽しみたいなら有料席で観覧するのもおすすめですが、大津通パレードも見ごたえがありますよ。
先導の地方車(じかたしゃ)からの口上なんかも感動あり、興奮ありでホロっとしちゃうようなところもあります。

去年たまたま当日会場付近に出かけていて、あ~どまつりだったって感じで少しだけ沿道で楽しんだんですが、2日目の終盤で踊り納めのチームもあって、涙を流しながら踊っている姿に感動を貰いました。

当時2歳の息子も眠いのに帰らないって頑張ってしばらく沿道で観覧してましたよ。さすがに途中で子守歌になる?!な中で眠りにつきましたが…
今年は準備万端で見に行こうと思っています( *´艸`)

今年4月にオープンしたLEGO LAND JAPANもファイナルステージに登場する予定です。
人気のショー「スマイルコレクション」が特別バージョンで見られますよ。まだレゴランドに行ったことない人もどんなもんか見ておくのも良いですよね。

祭り開催中に行われる総踊りに参加して祭りを楽しむのも良いですし、会場でもなんなら家からでも踊りの審査に参加出来ちゃいます。
今年からニコニコ動画でファイナルコンテストを見て投票に参加が出来るようになりましたよ。

遠方で見に来られないって人も祭りの雰囲気を味わってちょっぴり参加した気分になれるって良いですよね。
出来れば会場で祭りの雰囲気、一体感を味わいたいですが…(;^_^A

そしてお祭りと言えば…屋台?!
どまつりではご当地グルメパークがどまつり限定メニューを引っ提げて登場です。

スポンサーリンク

踊りも良いけど食もねって方は「エンゼルパーク」へ!!

どまつりに行くなら総踊りの振り付け チェック!

どまつりは全員参加型のお祭りを掲げているだけでなく誰でも参加できる総踊りがあります。

総踊りは「かかわった人すべてが一体となる祭りの空間を作り上げたい」という思いの象徴です。

名古屋開府400年を記念して2010年には約30,000人が総踊りに参加し、9,481人が 条件を満たしたとしてギネス世界記録に認定されました。

ギネス認定条件は…

鳴子をもって5分以上、同じ曲(振り付け)で同時に踊る

総踊りの振り付けを覚えて熱い祭りに参加するのがおすすめですよ。
踊りを知らないとなかなか勇気が出ないかもですが、踊りを知っていればきっと踊りたくなるはずです( *´艸`)

どまつりの総踊りには「Sutotoco」はじめ、「名古屋でGO!」「名古屋でGO2!」「わっしょい」など様々あります。
1つでも覚えて参加してみては?!You Tubeなんかで簡単に振り付け動画探せますよ。

YEAH!HOPE!!(やっほー)

今年は”チルど連”も募集中…

なんと今年はこの総踊りパレードに0~12歳の子供が参加できるチルど連が加わります。

子どもだけでの参加はもちろん、親子で一緒に参加っていうのも出来ますよ。
子どもをだしに親子で参加なんてのももちろんOKです。

こちらは参加費500円で8/22まで参加申込が出来ます。
小さな子供も参加してますます楽しめる祭りにって感じですね。

総踊りキッズダンサー息子もどうかな~~~?!
息子に「踊りたい?」って聞くと「踊りたい!」って事だったので参加予定です( *´艸`)

事前に踊り練習とか出来るのかな~(;”∀”)

でも参加するからには全力で楽しんで来ようと思います(*´▽`*)

どまつりに参加したくなったら…

どまつりを見に行くと少なからず自分も参加してみたいって思うのではないでしょうか。

そんな時は来年に向けて参加方法確認しておきましょう!
今年の参加申し込みは2017年3月1日~5月9日でした。例年同じ時期に募集が開始かと思うのでそれまでにしっかり準備をしておきましょう。

どまつりに参加するにはチームが必要です。
自分で人が集められそうなら新たにチームを作るのも良いですし、自分の参加できそうなチームがないか探してみてください。

自分にあったチームが見つかれば、練習に参加して来年のどまつり参加を目指すだけでOKです。

自分で人を集めるとなるとちょっと大変ですけどね”(-“”-)”
でもそのぐらいの手間をかけても参加したらきっとやってよかった~って思えると思いますよ。

チームを作ったり、チームに参加するのはちょっとハードルが高いって人は、「総踊りおどり隊」に参加しちゃいましょう。
練習会には必ず参加が条件ですが、チームに入ってしっかり参加する前の手始めにって事なら総踊りおどり隊ぴったりだと思いますよ。

親子で総踊りキッズダンサーに応募するのも良いですしね。

まとめ

名古屋の夏の風物詩として今年で19回目になるどまつりの魅力伝わりましたか?

ぜひ8/25~8/27はどまつり会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

8/26の12:00~13:00は東海テレビでどまつりの生中継もありますからね。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

名古屋周辺の観光スポットや名古屋飯、おすすめのお祭りなどはこちらも見てみる。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。