子供が英語に触れる環境とは!表現力や語彙力アップの方法

教育

子供が将来英語で苦労しないようにと早くから英語を取り入れたいと思っているパパやママは多いと思います。

でも英語を取り入れる方法が難しいと感じる人もいるでしょう。
例えば子育て英語をいろいろ調べて真似してみても、なんか微妙なニュアンスが伝えられないともどかしく思う事もありますよね。

今回は英語を家庭で取り入れていくにあたってぶつかる壁、微妙なニュアンスが伝えられないを解決し、子供と会話を楽しむために表現力をつける方法、語彙力をつける方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

子供が英語に触れる環境とは?

子供に英語をと考えるならまずは家庭でいかに英語を話す環境を作るかが大事だと思います。

子供は言葉を聞いて覚えていきます。

日本語はパパやママ、おじいちゃんやおばあちゃん、保育園や幼稚園の先生やお友達の話を聞いたり、話したりすることで自然と覚えて行ってますよね。

「自然に聞いて覚える」というのが、子供が言葉を覚える1番オーソドックスかつ鉄板の方法なのです。

とはいえ英語となるとなかなか自然に覚えるという環境を作るのは難しいです。
ではその環境はどう作るのか?誰が作るのか?

もちろんパパやママです。

英語なんて話せないしって声が聞こえて来そうですが安心してください。
別にペラペラに英語を話せる必要もないし、苦手だって良いんです。

実際に私も英語は好きだけど苦手です。
それでも子供との会話に英語を取り入れています。

おはよう Good morning!
今日何がしたい? What do you want to do today?
今日は何したの? What did you do today?
行こう! Let’s go!
どうぞ Here you are.
ありがとう Thank you.
大好き I love you.
お願い Please.
出来るよ You can do it.
出来たね You could do it.
走らないで Don’t run.
触らないで Don’t touch.
おやすみ Good night!

私が声掛けしている英語の一部です。
難しい表現は全く使っていません。

えっこんなのなら私だって出来るよという人がほとんどだと思います。

でもこんなんで良いんですよ。

日本語だって最初は簡単なものからじゃないですか。
なのになぜ英語だときっちりしっかり英作文をしなきゃいけないって思っちゃうんでしょう。

子供はこれからたくさんの言葉を覚えていきます。
簡単な表現から覚えていけばいいんです。

英語が苦手なパパやママもこれならハードル低いですよね。

使うと言葉って覚えます。
英語が話せないなら子供と一緒に覚えちゃえばいいと思いませんか?

パパやママとの会話が子供にとっては一番楽しいことで、パパやママとの会話の中からたくさんの言葉を覚えていきます。

いっぱい声掛けしてあげましょう。(日本語でも英語でも…)

うちは言っても返してくれないからと思う人もいるかもしれませんが、子供ってちゃんと聞いています。

そしてえっ覚えてたの?とびっくりするようなタイミングで言葉を発してくれることがありますよ。

教えると思うから難しいのであって、自然と会話の中で子供が英語に触れられる環境を作りをしてみて下さい。

家庭での英語の導入についてはこちらも見てみる。

英語の会話で表現を広げるってどういうこと

子供との会話に英語を取り入れていますが、微妙なニュアンスが伝えられないのが悩みでした。
日本語ならうまく伝えられるのに…英語だとうまく言えない。

英語で子供に話しかけようとするともどかしく感じる事がありませんか?

いろんなニュアンスを伝えるのに日本語では形容詞とか副詞とか修飾語を使って補足しますよね。
もちろん英語も同じように補足することもできます。

でも便利なことに、英語は動詞を変えるだけでもいろんなニュアンスの違いが表現できます。

例えば歩く・走るの表現(一例)
歩く=walk
足音を立てずに歩く=pad
ゆっくり歩く=pace
早足で歩く=trot
ゆっくり走る=jog
大股で走る=lope
急いでいく=hurry
突進する、急行する=dash
走る=run

ちょっと調べただけでもこのぐらいあります。

動詞を変えるだけで表現は広がるというのがわかってもらえたかなと思います。

この様に瞬時に状況がわかる動詞vivid verbsと言います。
vivid verbsを増やせば表現力もアップしますよ。

他にも表現力をアップする方法はたくさんありますが、まずはvivid verbs(瞬時にわかる動詞)をいろいろ覚えてみてはいかがでしょうか。

言葉を覚える際に体を使って覚えると効果的!

特に子供は体を動かすのも大好きなので、子供と一緒に体感しながら覚えてみてください。

子供の方があっと言う間に覚えて、教えてくれるようになるかもしれませんよ。

子供と会話を楽しむために表現を覚えたいなら英語絵本もおすすめです。

英語絵本についてはこちらも見てみる。

スポンサーリンク

英語の語彙力をアップするのにおすすめなのは?

瞬時にわかる動詞(vivid verbs)を増やしましょうと言いましたが、それはどうやって調べるのよという話になりますよね。

調べ方もとっても簡単です。

検索窓に「run thesaurus」とか「run synonym」と入れてみて下さい。

ちなみに

thesaurus:類義語
synonymが同義語

という意味です。

英語のページがずらっと出てくるので、反射的に無理と思う人もいるかもしれません。

そういう人は、子供(kids)用のthesaurus dictionary(類義語辞書)を購入してみて下さい。

kindle版なんかもあったので中身がどんななのと言う人はちょっとサンプルでも見てみてはいかがでしょう?

わが家ももちろんkids用のthesaurus辞書購入しています。
へ~こんな言い方あるんだとか結構楽しくてついつい眺めてしまう辞書です(笑)

なぜ子ども用がおすすめかと言うと、子供と一緒に英語を楽しめるようにというのももちろんあります。

でもそれ以上に子供用だとカラーだったりイラストがあったりと見ていても楽しいしわかりやすいです。

↑先ほどご紹介したrunのページは我が家の辞書ではこんな感じです。
説明文もkids用なので分かりやすいです。

改めていろいろな単語をみてみましたが、別の辞書を引かなくてもなんとな~くこんな意味かなと分かる程度に平易な文章で解説されているので英語があんまり得意でなくても理解しやすいと思います。

大人用は辞書ですから当たり前ですがただの英語の羅列に見えちゃいます。

検索した時に英語のページの羅列に嫌気がさした人には到底おすすめできるものではないですね。
それに語数も多いのでかゆいところには手が届くかもしれませんがちょっと子供との会話のために語彙力を増やしていきたいという場合にはちょっとやり過ぎ感(Too much)があると思います。

英語を英語のまま理解するのに、英語を勉強するなら英英辞書を使いなさいなんて事は言われたことがありましたが、類義語辞書は目から鱗でした。

そして、知った今は「なんで今まで誰も教えてくれなかったの~~~~」と叫びたいぐらいです。

語彙力を増やしたいならthesaurus辞書を手にしてみて下さい。

thesaurus辞書って作詞家の人とかアーティストさんが作詞をする時にも使うんですって…

こんな表現がしたい。でもこの言葉じゃしっくりこないって時にどんな言い方があるかなと探すそうです。
あ~作詞家さん詩が出来るのも納得ですよね。

ちょっと話はそれましたが「thesaurus dictionary」本当におすすめですよ。

まとめ

英語を子供に早くからと思っているならまずパパやママがその環境を整えてあげましょう。

英語では微妙なニュアンスを表現できないからなかなか取り入れにくいという人は、類義語辞書(thesaurus dictionary)を使って語彙力を増やしましょう。

そして子供と英語での会話も楽しみましょう。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。