赤ちゃんに生クリームはいつから?ケーキ1歳で市販は?代用できるのは?

食べる

かわいい愛しの我が子。

お祝いなどのときにはごちそうにケーキにと盛大にお祝いしてあげたいですよね。
でも赤ちゃんは離乳食の進み具合やアレルギーの有無によっては食べられないものも。

生クリームもそのうちのひとつ。
ケーキなどの生クリームには砂糖も入ってるし食べさせていいのかな?

なんて悩むお母さんも多いですよね。
そんな赤ちゃんの生クリームについていつから食べられるのか、1歳の誕生日は市販のケーキじゃダメなのか、生クリームの代用は何で出来るのかについてご紹介しますね!

スポンサーリンク

赤ちゃんは生クリームっていつから食べられるの?

まず、生クリームは牛乳の脂肪分です。

ですので生クリーム=油と考えてあげると分かりやすいかと思います。
赤ちゃんって油食べられるの!?

母子手帳などに書いてある離乳食の進め方には離乳中期以降から与えるのがいいとされています。

ただし!
この時の使い方や量については注意が必要です。

あなたのお子さんは牛乳アレルギーなどはないですか?
先に書いた通り生クリームは乳製品です。

アレルギーがある場合は残念ですが生クリームは食べられませんのでお子さんのアレルギーをよく確認してくださいね!

次に、生クリームは動物性のものと植物性のものがあります。
使用するのであれば牛乳の脂肪分でもある動物性のものがいいとされています。

植物性のものは添加物を含んでいるため、赤ちゃんへの使用は避けた方がいいです。
離乳食中期頃から与えてもいいとされている生クリームですが、スープの風味づけなどで小さじ一杯程度の量を使うようにしましょう!

デコレーションケーキに使うのは小さじ一杯ではかなり物足りない感じですよね。

赤ちゃんは腎臓や消化機能がまだまだ未発達のため、多量に食べると体調を崩してしまいます。
注意してあげましょう!

1歳の誕生日ケーキは市販ではダメ?

少量ずつっていうけど1歳くらいからなら誕生日に市販のケーキを食べていいのかな?とお思いのお母さん達!

せっかくのお祝いだし、乳アレルギーもないなら食べさせたいところですが市販のケーキは、着色料や添加物が含まれてることも多いのです。
それだけではなくスポンジに小麦や卵が使われている場合もあり、乳アレルギー以外にも注意が必要です。

しかも!

市販のデコレーションケーキなどは生クリームに砂糖がたっぷり。
一般的なホイップクリームには100gあたり砂糖の量が18g程度入っています。

1歳の子どもが1日に食べてもいい砂糖の量は約5gほど。

また、もう一つ注意したいのが油脂量。
食事のときに摂取するものも含めて1日に約5gほどまでが望ましいです。

市販のショートケーキに含まれる砂糖の量は約30〜40g。
油脂量は15〜20g程。

このように砂糖や油脂量から見ても1歳の子どもが食べる生クリームの量にしては市販のケーキでは多いことがほとんどです。
絶対に食べちゃダメ!というわけではないですし、年に一回くらい大目に見ても問題はないんじゃないかと個人的には思います。

ただし、食べさせる際には生クリームの部分を削ぎ落として一口だけなど赤ちゃんの体に負担にならないように配慮してあげましょうね。

スポンサーリンク

赤ちゃん用に生クリームの代用になるのは?

生クリームはあまり食べさせたくないし
砂糖の量も気になるし…
でも誕生日やクリスマスなどはケーキを用意してあげたい!

スポンサーリンク

そんなときは手作りケーキで生クリーム以外のものを使ってみるのはいかがでしょうか?

肝心の生クリームは豆腐や豆乳、ヨーグルトや野菜ペーストなど様々な方法で代用することができます。

1.豆腐クリームで代用

豆腐は木綿豆腐でも絹ごし豆腐でもどちらでも大丈夫です。

  • 木綿豆腐では少し硬めのクリームが出来上がります。
  • 絹ごし豆腐では柔らかいなめらかなクリームが出来上がります。

どちらの豆腐を使う場合も水切りをしっかりしましょう。
ここが最大のポイントです!

水切りがきちんと出来てないと、豆腐の風味が出てしまってケーキ感が薄れてしまいます。
豆腐をキッチンペーパーや布巾に包んで電子レンジでラップをせずに3分加熱します。

普段の料理であればこれだけでもある程度の水切りができるのですが、ケーキに使う豆腐なのでもうちょっとしっかり水切りしたいところです。

そこでチンした後の豆腐のキッチンペーパーや布巾を新しいものに替えて、水を入れた耐熱ボールなどで重しをして一晩置くとしっかり水切りができますよ。

しっかり水切りができたらフードプロセッサーに入れ砂糖やメイプルシロップと混ぜ合わせれば完成です!
(この時もし砂糖を使うのであればビーツ由来の赤ちゃんにもいいとされているてんさい糖を使うといいですよ。)

2.豆乳で作るクリームで代用

豆乳は酸味を入れると固まる性質があるので、それを利用して生クリームに近づけていきます。

豆乳にサラダ油、砂糖、好みでバニラエッセンスを加えて、フードプロセッサーで混ぜ合わせます。
味見をして良ければレモン汁を加えて再度フードプロセッサーで混ぜ合わせ完成です。

レモン汁を加えると固まるのでその前に味見してくださいね。

3.水切りヨーグルトで代用

水切りヨーグルトの作り方は色々ありますが、コーヒードリッパーにフィルターをしいてプレーンヨーグルトを入れるて一晩置くというのが一番お手軽にできるかなと思います。

プレーンヨーグルトではなくベビーダノンのヨーグルトを使うとすでに甘味がついてるので後から何かを混ぜる必要がなく楽ですよ!
プレーンヨーグルトで作った場合は水切りヨーグルトができたらバナナなどを混ぜると甘味がでて子どもたちは食べやすいですね。

我が家子供達(2歳と1歳)にはベビーダノンも人気でしたがプレーンヨーグルト+バナナのほうが食いつきが良かったように思います!

4.野菜ペーストで代用

野菜と言ってもトマトなどの水分の多いものを使うと生クリームとしては扱いづらいのでさつまいもやじゃがいもカボチャなどがのちに扱いやすく甘味もあるのでおススメです。

じゃがいも+ヨーグルト

甘味が少ないのとヨーグルトで酸味が加わるので混ぜ合わせた後にフルーツを入れてあげると食べやすくなりますよ!

さつまいも+ミルク

乳アレルギーがなければ少量の牛乳で混ぜ合わせてさつまいもの硬さを調整します。
もし乳アレルギーがある場合はりんごジュースなどで混ぜ合わせても美味しく出来ます。

カボチャ+ミルク

こちらもアレルギーがなければ牛乳と混ぜます。
もしアレルギーなどがあればお湯などで混ぜ合わせてもOKです!

まとめ

生クリームは大人が食べても美味しいもの。

でも赤ちゃんにはまだ少し早かったりアレルギーが心配だったりと気になる点も多いです。
生クリーム以外でもケーキを飾り付けることはできるので、お子さんに合ったもので代用してあげると喜んで食べてくれるのではないでしょうか。

お誕生日のお祝いでは赤ちゃんが食べられるもので家族みんなで安心かつ安全にお祝いしてあげてくださいね!

こちらの記事もおすすめです。
⇒ 赤ちゃんの大浴場デビューはいつから?気を付けたいマナーは?!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。