Definitely

気になるから知っているに…

ホーム » 美容・健康 » 出産後顔にシミが増えるのは?乾燥対策も?食べ物は?

出産後顔にシミが増えるのは?乾燥対策も?食べ物は?

目安時間約 9分

出産後にシミが増えたと感じているママは多いのではないでしょうか。

赤ちゃんのお世話でなかなか自分のケアが出来ないってママも多いと思いますが、すっぴんで過ごす時間も多くなると思うのでシミ対策は気になる所ですよね。

今回はなぜ出産後にシミが増えるのか?シミの対策で乾燥対策も必要なの?シミ対策に有効な食べ物は?についてご紹介したいと思います。

出産後顔にシミが増えるのはなぜ?

妊娠中や出産後に顔なんかにシミが増えているのに気付いて愕然としていませんか?

特に出産後は家に居る機会も増えすっぴんですごす時間が増えていて、鏡に映るすっぴんの自分に会う機会も多いかと...^_^;
家でもメイクは欠かしませんって方は当てはまらないか。

さて出産後にシミが増えるにはやっぱり理由があります。
妊娠・出産でホルモンバランスが乱れているのが大きいですね。

妊娠中にたくさん分泌されていた美肌ホルモンとも言われるエストロゲンが産後急激に低下します。
それに伴って肌のバリア機能も低下、外からの刺激などによる肌の炎症が即色素沈着につながってしまう事になります。

といっても、こればっかりは自分で調整って出来る事ではないので、出来る限り肌に余計な刺激を与えないようにするぐらいしか対策がありません。

産後はいつも以上に紫外線対策をしましょうって言われるのはこういう理由なんですね。
しっかり勉強しておけばよかった...と今さらながらに思っています(・・;)

妊娠中にシミ・そばかすの素になるメラニンを生成するメラノサイトを活性化するプロゲステロンというホルモンが多く分泌されます。
これが妊娠中にシミが濃くなる原因です。

産後はエストロゲンの分泌が減るのと一緒で、プロゲステロンの分泌も減りホルモンバランスも元に戻るんですが、戻るまでに半年程度かかります。

というわけでこの妊娠中のプロゲストロンの増加が産後のシミの原因の1つという訳です。

シミには乾燥対策も必要?!

育児で忙しいママもやっぱりシミは気になりますよね。

なかなか自分の肌ケアには時間がかけられないって人も多いと思いますが、ここはほんの少しの時間でも自分にかけてあげてほしいなと思います。

産後の肌荒れの原因は?
ホルモンバランスの乱れ
睡眠不足
栄養不足
乾燥
便秘

産後の肌荒れの原因にもあげらえる乾燥ですが、なぜ乾燥対策がシミケアにも必要かと言うと、肌が乾燥していると美容液などが肌に浸透しにくくなっちゃってるんです(;^ω^)

しっかり肌の乾燥対策をしないまま、せっせと美容液などのケア用品を使ってもなかなか浸透しないので効率が悪いんですね。
せっかくケアをしているんですから効率よく効果が出てほしいですよね。

なんで産後乾燥しやすいかというと母乳育児をしているひとは特に授乳によって体の水分が減っています。

でもすごく喉が渇くとかじゃないから、育児の忙しさにかまけて水分補給を忘れがちなんですよね(・・;)
育児中のママは意識して水分を補給するようにしていかないとですね。

肌荒れの原因にあがっている睡眠不足なんかも乾燥を促します。
肌のゴールデンタイムに質の良い睡眠を!

肌のゴールデンタイムとは?

肌のゴールデンタイムって知っていますか?

これは睡眠のゴールデンタイムと言われているものと一緒なんですが、寝ている間に肌の再生を促す成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは美肌を維持するには不可欠なホルモンです。

成長ホルモンの働き
肌のハリ・弾力を維持するのに必要な皮下組織の水分量をキープする
肌のターンオーバー(新陳代謝)を促し古い皮膚を新しい皮膚に生まれ変わらせる

この成長ホルモンが分泌されやすいのが肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯です。
肌のゴールデンタイムは入眠後3時間と言われています。

この3時間しっかり熟睡する(質の良い睡眠)事が美肌を作る第一歩です。
ママは子供の夜泣きなんかでなかなか質の良い睡眠がとれないことが多いですが、出来るだけ睡眠時間を確保できるように整えたいですね。

ちなみに成長ホルモンは天然の美容液って言われるぐらい大切なんですよ。

乾燥ケアもしてくれる美肌オイル~シミに本格美白~をみてみる。

シミ対策に有効な食べ物は?

肌荒れ、シミ対策には体の外部からの対策と、内部からの対策があります。

そう、外からいくら美容液をいれて...とケアしても、日ごろの生活習慣や食べ物なんかに全く無頓着だとなかなか改善しないこともあります。

人の体は食べたもので作られていると言いますから、やっぱり食べ物にも気を配る必要があります。

塩分の多い食事や麺類は控える
ビタミンAが多く含まれる食べ物を食べる
ビタミンCが多く含まれる食べ物を食べる

塩分が多いとなぜシミが増えるのか?

それは、塩分を摂り過ぎると血管に大きな負担がかかり老化を促進してしまうからです。
血管や血管の状態が悪いとそれが肌の見た目なんかに反映されちゃうんですね。

血液はサラサラが良いとか、よく聞きますが健康にだけでなく肌にも影響があります。
確かに健康的な人の方が肌つやも良いですもんね~( *´艸`)

シミの原因はメラニン色素が過剰に増えてターンオーバーのサイクルが乱れて排出されずに残るメラニンです。

ビタミンAは新陳代謝を促進してくれます。
肌は日々新陳代謝を繰り返していてこれをターンオーバーと言いますが、食生活の乱れや生活習慣の乱れなどでこのターンオーバーがうまく出来にくくなっている事もあります。

ビタミンAを摂取することで、乱れてしまったターンオーバーを正常に戻すことが出来ます。

ビタミンAが豊富な食べ物
うなぎ、鶏レバー、かぼちゃ・ニンジン・ほうれんそうなどの緑黄色野菜

ビタミンCはメラニンの沈着を抑制してくれます。
ビタミンCが肌に良いとはよく聞きますが、メラニンの沈着を抑制してくれる効果も期待できるんですね。

ビタミンCが豊富な食べ物
赤パプリカ・ピーマン・ブロッコリーなどの緑黄色野菜、オレンジ・いちごなどの果物、緑茶

シミの原因であるターンオーバーのサイクルの乱れをビタミンAで整え、メラニンの沈着をビタミンCで抑えることが出来るんですね。

緑黄色野菜にはビタミンA、Cともに多く含まれものが多いので日ごろの食事に取り入れて行きたいですね。
産後自分にだけ時間はかけられないママも食事なら家族みんなのためというところもあるので取り入れやすいのではないでしょうか。

まとめ

シミは加齢とともに仕方がないものとあきらめてはいませんか?

確かに1度出来てしまったシミを完全に消すのはなかなか難しいですが、肌は日々生まれ変わっています。
そのサイクルを整え、体の外からのケアと食べ物で中からのケアとを行う事でシミを薄くしたり、小さくしたりすることは可能ですよ。

肌は紫外線を浴びるとシミの原因であるメラミンが増えるので紫外線対策は1年中意識した方が良いですよ。

ぜひシミ対策あきらめずにやってみてくださいね。

紫外線対策にはこちらもみてみる。

  - 美容・健康  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報