Definitely

気になるから知っているに…

ホーム » 花火 » 土浦の花火大会は何発あがる?混雑は?おすすめスポットは?

土浦の花火大会は何発あがる?混雑は?おすすめスポットは?

目安時間約 10分

日本三大花火の1つと言われる土浦全国花火競技大会が今年も行われます。

すごく有名な花火大会だけど人が多いんだよねとかで見に行ったことがないって人も多いのではないでしょうか。
でも土浦の花火は全国の花火師さんたちが技を競い合っているのでとても見事です。必見の価値ありですよ。

今回はそんな土浦の花火大会の打上数や混雑状況、おすすめの観覧スポットについてご紹介したいと思います。

土浦の花火大会は何発あがるの?

日本三大花火の1つで、秋田の大曲の花火競技大会と合わせて二大競技大会の1つとされる土浦全国花火競技大会が2017年も開催されます。

花火の質の高さ日本一を競う大会ですので全国からそうそうたる花火師たちが集まります。
競技大会は3つの部門で審査が行われます。

スターマインの部 2分30秒以内に2.5~4号玉を数百発使用した連続花火打上で競う
10号玉の部 10号玉1発で競う
創造花火の部 5号玉7発で競う

2016年上位入賞作品はこちらです。

さぁそんな土浦の花火大会が日本三大花火とも言われる所以は、花火の質の高さもさることながら打上数もかなり多いです。
なんと土浦の花火は約20,000発が打ち上げられ、夜空に大輪の花を咲かせます。

第86回土浦全国花火競技大会
開催日 2017年10月7日(土) 雨天の場合は10/8,9,14,15のいずれかに延期
開催時間 18:00~20:30
打上場所 桜川河畔 学園大橋付近
打上数 約20,000発

土浦の花火は花火師たちが競う花火大会なので質の高さは群を抜いています。
他の花火大会では満足できない?!人もここなら満足間違いなしですね。

また毎年行われる特別プログラムのワイドスターマイン「土浦花火づくし」はとても人気があります。
混雑を避けるためにこれを観たら帰るという人もいるほどですよ。

通常の花火だとやっぱりフィナーレが一番盛り上がるので、フィナーレを観ないと...ですが、土浦の花火大会は最低限 「土浦花火づくし」を観ればOKかなと思います。

実際この「土浦花火づくし」を目当てに来る方が多いのも事実です。
2016年の土浦花火づくしはこちらです。

動画で見るだけでも圧巻ですから...実際会場で見たら本当にすごいんでしょうね( *´艸`)
打上数なら他にも同様、それ以上にあがる花火大会もありますが、質の高い花火というとやっぱりここ土浦の花火大会は本当におすすめですよ。

土浦の花火の混雑は?

土浦全国花火競技大会は毎年約70万人が訪れる有名で大きな花火大会です。

人がそれだけ集まるのですから混雑は必至ですね(;^_^A
でも混雑を差っ引いても見る価値のある花火大会なのでぜひ行ってみるのをお勧めします。

花火が始まるのは18時からですが、15時ごろにはすでに混雑しています。
 交通規制も行われるので公共交通機関を利用 していくのがおすすめですよ。

どうしても車で行きたい場合は15時には確実に現地に...15時では遅いぐらいですね。
午前中から混み始めていて、15時には駐車場はほぼ満車、付近は渋滞という感じで、規制区間も時間の追って増えるので土地勘のない人だともう大変だと思います。

パークアンドライドで土浦駅以外の駅からという考えの方もおられると思いますがこれも同じように考える人も多いので早めの行動を心がけないとせっかく行ったのに車が停められないとか、思わぬところで渋滞に巻き込まれて会場にたどり着けないなんて事にもなりかねませんのでご注意を

花火会場はJR常磐線土浦駅から徒歩で約30分、シャトルバスで約10分です。

花火時間が近づくと大混雑、シャトルバスに乗るにも時間がかかる...となるので早めに着くようにすると焦らずに済むかと思います。

歩けるのであれば歩いちゃった方が早いかもしれませんね(;^_^A

帰りの時間帯は土浦駅にも入場規制が敷かれます。
遠方からの日帰りとかで考えている人はフィナーレを待たずに動かれるのが良いかと思います。

下手に最後までいると自宅までの交通機関が確保できないなんて事にもなりかねませんよ。

土浦の花火は特別プログラムのワイドスターマイン「土浦づくし」が目玉の1つです。
「土浦づくし」を見たら帰るようにすると良いかもしれませんよ。(ただし同じような人も多いので空いている保証はありませんけどね)

土浦の花火のトイレ事情...

土浦全国花火競技大会は毎年70万人が訪れる大花火大会です。

花火って言うとビール片手になんて人も居ると思いますが、ビールを飲むとトイレが近くなりますよね。
土浦の花火大会では臨時の仮設トイレが600基が数か所に分けて設置されます。

が...70万人訪れる中での600基ですので混雑は必至です。
大会HPにもビールなど飲み物の摂取はなるべく控えましょうと呼びかけもあります。
この辺は自己責任でお願いしますね。

また仮設トイレは設置されていますが、トイレットペーパーは設置してありません。
トイレットペーパーは持参しましょうね。まぁポケットティッシュでももちろんOKですが、ちょっと飲み物をこぼしたとかいろんな場面で使えるのでトイレットペーパーがあっても良いかなと思います。

タンク容量に限界があるので水は流れないって事なので、汲み取り式トイレみたいなものなのでそうゆうトイレはちょっとって人は最初にも言いましたが飲み物の摂取とかには注意が必要ですね。

小さな子供がいる場合なんかはポータルトイレとか持って行ってあげると良いかもしれませんね。

トイレはそんな状態なのでスマホなど落とすと回収が難しい...でも毎年落とす人結構いるらしいので気を付けましょうね!

土浦の花火大会おすすめの観覧スポットは?

土浦全国花火競技大会は多くの人が訪れる人気の花火スポットなので、どこで見ても混雑は避けられないです。

お金を出してもしっかり見たい人は有料の桟敷席がおすすめですね。残念ながら今年の販売受付はすでに終了しています(-_-;)
ちなみに桟敷席の購入は抽選制です。

今年の例でご紹介しておくと、7/20~7/27間にローソンチケットにて申し込みをして、8/3~10の間に当選確認、8/4~8/11の間に振込という手順でした。

来年以降桟敷席チケット欲しいって方はこのスケジュールメモしておくと良いですよ。

とはいってもすでに販売は終了しているので今年はどこで見るのかって所ですが、桟敷席周辺に無料の一般観覧席が設けられるのでこの辺で見るのが一番きれいに花火が見れます。
ただ、混雑していると思うので譲り合いで...ですね。

遅い時間に到着だと確保できないことがありますのでご注意ください。

そこでおすすめなのが、桜川の川沿いです。
打上場所が桜川河畔の学園大橋付近なので、桜川沿いに歩いていけばどこからでも花火を見ることが出来ます。

ただ、仕掛け花火なんかは見えないです。仕掛け花火も見たいって人はやっぱり一般観覧席をGETするしかないですかね(-_-;)

土浦の花火は比較的大きな花火が多いので少し離れてみても綺麗です。
迫力を求めるとなるべく打上場所近くとなりますが、近くなると混雑必至なのでその辺はバランスをみて選択してください。

また土浦の花火は10月開催なので花火打上時間には結構気温も下がりますし、川沿いで見るとなると結構寒いかもしれないので、1枚上着やブランケットなどを用意して行くと良いですよ。

まとめ

土浦全国花火競技大会の魅力が伝わっていたら嬉しいです。

すべてにおいて少し早めの行動を...はどの花火大会でもそうなのかな~とは思いますが、途中で帰るとなんか物足りなさを感じるという人も多いのではないでしょうか。

でも土浦の花火は「土浦づくし」だけでも見れればってところもあるので混雑を避けて帰ったから最後見れなかったから心残り~とはならないのではないと思います。

どうやっても混雑を避けることは難しいですが、ぜひ土浦の花火大会で質の高い最高の花火に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

10月に行われる花火大会、「江の島花火大会」はこちらを、お台場のハロウィン「お台場海上芸術花火祭」はこちらも見てみる。

  - 花火  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報