• HOME
  • ブログ
  • 生活
  • ストローマグが臭い原因は?黒カビの対処法と上手な洗い方とは?!

ストローマグが臭い原因は?黒カビの対処法と上手な洗い方とは?!

生活

子供が成長するにつれて、飲食の方法もその都度変わっていきますよね。

その中でも、必須アイテムは、ストローマグです。離乳食も始まって、そろそろ哺乳瓶も卒業しなくてはいけない時にストローマグは活躍してくれます。

でも、ストローマグはかなり複雑な造りになっていて、汚れもつきやすいです。だから汚れが気になる…臭いが気になる…なんて事も多いんですよね。ストローやパッキンの替えが売ってたりもしますが、出来ればあるもので済ませたいって思いませんか。

そこで今回は、ストローマグが臭い原因や、黒カビがついた場合はどうするべきか。
上手な洗い方などについて、調べてみましたご紹介します。

やっぱり、小さい子が使うものは、綺麗にしておきたいですよね。

スポンサーリンク

ストローマグが臭い原因は?

ずばり、原因はカビです。

カビは、どんなところでも繁殖します。
ストローマグをちゃんと洗ったつもりでも、取り切れなかった汚れにカビの菌が付着して繁殖します。

それが、臭いにおいを発する原因です。

カビの胞子は、生活空間に漂っているので常にまわりにいると思っておいた方が良いです。
ほとんどのカビは無害ですが、抵抗力が下がっている時は、体に悪影響を及ぼすこともあります。

赤ちゃんは、産まれた後に一度抵抗力が落ちます。
その後、少しずつ抵抗力は上がってきますが、一歳くらいで大人の半分程です。

その為、少しのカビでも体には良くないです。
ストローマグを使うようになる頃には、活動量も増えてきていると思います。

そうすると、ストローマグを使う場面は増えてきます。
よく使うものなので、カビはしっかり退治して清潔なものを与えて下さい。

ストローマグの黒カビってどうすればいいの?

黒カビが発生しないようにするには、蓋の近くのパッキンやストロー部分を全て分解して、定期的に洗ってあげるのが一番です。

ストローマグは、全てが分解できるようになっているので、しっかりと掃除できてキレイに保てます。

  • ストロー部分の細い部分は、100均などでも買える細いタイプのたわしなどで掃除すると、やりやすいです。
  • 空気穴部分は汚れがたまりやすいので、スポンジなどでこすって汚れを落とします。
  • 本体の裏側の部分やゴムパッキンの溝部分は細かいので、ストロー部分と同じたわしで擦って汚れを落としていきます。
  • コップ部分は、普通のスポンジで汚れを落とします。

食器の衛生管理で大事のは、雑菌の増殖を防ぐことです。

その中でもすぐに菌を全滅させる方法は、 熱湯消毒が簡単です。

簡単な熱湯消毒のやり方は…

あらかじめ、マグを分解して洗ったらマグ全てが入るボウルに入れて熱湯を浸るまで注いで下さい。

ほとんどのカビ菌は60℃の温度で10分程置いておくと、死んでしまいます。
できるだけ、高温でやればカビ菌の殺菌には効果があります。

10分以上浸したら、お湯から出して、しっかりと水気を拭き取り朝まで放っておいて完全に、乾燥させます。

だいたいのカビ菌は、この方法で発生を防ぐ事ができます。

カビ菌が発生するには、湿度と水分が不可欠なので、洗って消毒して乾燥させればカビ菌を増やさずに済みます。
熱湯消毒の前には、一応ストローマグの耐熱温度を確認してから行って下さい。

家の中ではもっと簡易なの使うと洗うのも楽かも…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストローマグの上手な洗い方は?

ストローマグは、頻繁に洗うのは結構大変ですよね。なかなか、上手く洗うのが難しいのでちょっと洗うのが面倒になりがちですよね。

ストロー部分や蓋のパッキンは黒ずみは取りにくいです。でも、工夫をする事できちんと洗う事もできます。

煮沸

そんなに、こびりついていない汚れなら熱湯でサッと流すだけでも除菌効果があります。

綿棒

ストロー部分などの細かい部分汚れを落とすには、綿棒がおススメです。茶渋なども少しこすれば、落とせます。

専用のスポンジ

100均や赤ちゃん用品専門店などで売っているので、買っておいて損はないです。専用だけあって、汚れも落としやすいです。

漂白剤

漂白剤を使えば、確実に除菌して黒ずみを除去できます。
1歳前の赤ちゃんには赤ちゃん専用のハイターや重曹を使った方が良いですが、1歳を過ぎたらハイターや漂白剤を使っても大丈夫です。

洗った後は、消毒すればより安全です。
6カ月を過ぎたら、こまめな消毒はしなくても大丈夫になってきます。

小さい時は、こまめに消毒をしてあげた方が安全ですが、離乳食が始まったら毎回の消毒は必要なくなってきます。
この頃になると、いろんなものを口に入れたりするようになります。

そこで、ストローマグよりも雑菌が多いものを口に入れるので少しずつ、免疫力も高くなってきます。
その為、そこまで神経質にならなくても大丈夫になってきます。

消毒剤は大人と同じで大丈夫です。1歳を過ぎている子なら、赤ちゃん専用の洗剤を使用する必要はないです。
消毒後に薬剤をしっかり流せば、キッチンハイターなどを使っても問題ないです。

ただ、赤ちゃんの頃に使っていたものがまだあったら使っても大丈夫です。

まとめ

赤ちゃんにとっては必須アイテムのストローマグも、最近は進化していますね。ストローが使えるようになるなんて、成長の証ですよね。

でも、意外と構造が複雑だから掃除は大切ですね。
赤ちゃんには清潔なものを使わせてあげたいですよね。

そんなに高いものでもないので、汚れがひどくなったらまた、新しいのを買ってあげるのも良いですね。

こちらの記事もおすすめです。
⇒ 赤ちゃんの大浴場デビューはいつから?気を付けたいマナーとは?!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。