菓子博2017伊勢っていつ?混雑状況は?限定の赤福って?

イベント

全国菓子博覧会・三重が伊勢市で行われます。

お菓子の博覧会と言われたら、スイーツ好きにはたまらないイベントですよね。
伊勢で開催されることもあり、地元の有名菓子メーカー赤福の限定スイーツも気になります。

今回はそんな菓子博について、菓子博って何?どのくらい混むのかな?赤福の限定スイーツなどを中心にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

菓子博2017伊勢って何?いつあるの?

菓子博2017 伊勢というのは、全国のお菓子や銘菓が530社、約1,800点も集まるお菓子の祭典です。

菓子博は基本的にはその地域のお菓子屋さんが作っている菓子工業組合が主催ですが、地方自治体もバックアップする大きなイベントです。

ほぼ4年に1度行われており、開催地は毎回変わります。(ちょっとオリンピックみたいですね。)
歴史は古く明治44年に行われて以来1世紀に渡り続いています。

今回の菓子博の正式名称は第27回全国菓子大博覧会・三重です。
三重県では今回が初開催となります。

第27回全国菓子大博覧会・三重
(愛称:お伊勢さん菓子博、公式キャラクター:いせわんこ)
開催期間:4月21日(金)~5月14日(日)
開場:三重県営サンアリーナおよびその周辺(東京ドーム2個分の広い会場です。)
開催テーマ:お菓子がつなぐ「おもてなし」を世界へ
開催時間:10:00~18:00(最終日は17:00)
入場券(当日)大人2,000円
シニア(65歳以上)1,600円
中学・高校生1,400円
小学生800円

前売り券も4/20まで購入可なので、行くのが決まっているのであれば早めにGETしてみてください。

前売券大人1,800円
シニア(65歳以上)1,400円
中学・高校生1,200円
小学生700円

入場券は東海5県・関西のイオンやコンビニ、旅行会社などで購入可能です。

菓子博2017伊勢へのアクセスや駐車場情報、近鉄のお得きっぷが気になる方はこちらも参考にしてください。

菓子博2017伊勢の混雑状況予想

菓子博2017伊勢、行ってみたいけどGW中開催ってかなり混雑するのではとちょっと行くのを躊躇する人も居るかもしれませんね。

確かにGW期間中は混みあうことが予想されます。
前回開催の広島でもオープン時間についても入場するまで30分待ったなんて話もありました。

なので混雑は必至です。

ただGWのイベントや観光地は空いているところを探すのが難しいぐらい混んでいます。
お菓子好きなら混雑覚悟で行ってみてはいかがでしょうか。

前回の広島開催での口コミ

マイナス意見
どこも混んでいた。
人気エリアは入るのに120分待ちなんてのもあった。
欲しいお土産は購入エリアに入れた頃には売り切れてた。

結構マイナスの声が多くてびっくりしました。

プラス意見(混雑を見越して準備していた人)
見たいものを決めていたので楽しめた。
荷物になるとは思ったけど最初に買物をしたので欲しいお菓子も買えて満足した。
工芸菓子がとにかくすごくてそれを見れただけでも良かった。

口コミを参考にすると…

混雑するのは当たり前と覚悟して、事前準備をして行く。
(暑い時期なので水分補給や日よけ対策もしっかりして行きましょう)
見たいもの、買いたいものを事前に調べておく。
(空いてるとこからなんて思っていると目的が果たせないかも…)

後は雨の日だから少し空いていたなんて口コミもあるので、天気と相談して行くというのも手かもしれません。

ただ、実際に空いているかはわからないので雨の日がおすすめとは言えませんけどね。
私だったらカンカン照りも困るけど、雨も避けたいですね。

スポンサーリンク

4年に1度しかない菓子博、気になるなら行っちゃいましょう。
周辺には伊勢神宮や鳥羽水族館、二見の夫婦岩など観光スポットもたくさんありますよ。

菓子博2017伊勢で食べれる赤福は?

三重のお土産と言えば「赤福」と言うぐらい有名な赤福餅。
地元開催のお菓子博では限定の赤福餅が食べられますよ。

赤福餅といえば、お餅があんこをしっかりまとい、色はあんこの色で黒が通常ですよね。

今回、お伊勢さん菓子博2017ではなんと白い赤福餅が食べられます。

会場内のおかげ茶屋でのみ白い赤福が登場します。

祝い盆 (赤福を紅白に見立てて、白い赤福、通常の赤福がセットになっている)
数量限定のため1人2盆まで(確実に食べたいならなるべく早い時間に行きたいですね。)

また会場限定でお土産として「黒糖味復刻版赤福」も購入することができます。
こちらも数量限定なので1人1箱しか買えません。

限定って言われると食べてみたくなりますよね。
通販などでの販売予定も今のところないようなのでぜひ会場で楽しんでください。

愛知と三重でしか食べられない夏限定の「赤福氷」も会場内で食べられますよ。
かき氷専門店にもひけをとらないきめ細かい氷は食べる価値ありです。

赤福氷に関してはこちらも参考にしてください。

また赤福などのスイーツ以外にも三重グルメ(伊勢うどん・津ぎょうざ・四日市トンテキなど)もフードコートで食べられます。

菓子博2017伊勢の交通規制&限定赤福&スイーツ!

まとめ

お菓子博ってそんなにメジャーじゃない?って思ったけど、前回開催の広島ではトータル18万人を超える来場者が訪れました。

何度も言いますが4年に1度というレアイベントなので、ちょっと気になるなと言う人はぜひ行ってみて下さいね。

そして限定赤福を堪能しちゃってください。

ちなみに老舗6社が共同開発した和パフェ しんかパフェも会場限定だそうです。
やっぱり限定と言われると気になりますね…

菓子博2017伊勢の楽しみ方?イベントは?1人で行くなら…

菓子博後にあるフードフェスの情報は…

まんパク2017立川はいつ?チケット購入方法は?人気店の出店は?

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。