ディズニーランドは絶叫系が苦手でも楽しめる?絶叫系以外のおすすめや楽しみ方は?

旅行・観光

絶叫系のアトラクションが苦手な人にとっては、夢の国ディズニーランドも楽しめないのでは不安になるかもしれません。

でも、ディズニーランドなら絶叫系のアトラクションに乗らなくてもいくらでも楽しむ事はできます。

そこで今回は、ディズニーランドは絶叫系が苦手でも楽しめるのか。絶叫系以外でも楽しめるおすすめのアトラクションは何か。絶叫系が苦手な人がディズニーランドで楽しむ方法などについてご紹介します。

スポンサーリンク

ディズニーランドは絶叫系が苦手でも楽しめる?

ディズニーランドは、絶叫系アトラクションに全く乗らなくても1日中楽しむ事ができます。

ショーやパレード、隠れミッキー探し、パーク内にある食べ物ワゴンのはしご、エリアの雰囲気に合ったレストランで食事など楽しみ方は様々です。

ディズニーランドのHPを見てみると、赤ちゃんでも乗れるアトラクションの紹介もされているので、あらかじめチェックしておけばスムーズに遊べます。

また、ディズニーランドは時期によっても混雑状況が変わってきます。
もし、日にちや時間の融通ができるのなら空いている時期を選んで行けばゆっくり周れます。

ディズニーランドに行くのにおすすめの日は?

行くならなるべく空いていて、並んで1日終わったよ~となりたくない人におすすめの日をご紹介していきますね。

1月・中旬の火、水、木

年始、正月イベント、冬休み期間はかなり混みます。中旬は、冬の閑散期のピークで一年で一番パークが空く時期です。
人気のあるアトラクションでも15分以下で乗れたりします。ただ、一年で一番寒い時期なので寒さ対策はしっかりとして下さい。

2月・1週目の火、水、木

平日は1月中旬と同じくかなり空いており、週末でもさほど混みません。

しかし、中国の春節と被ると中国からの観光客が増えるので気をつけて下さい。
春節は1月下旬~2月中旬で毎年変わります。

4月・2、3週目の火、水、木

春休みが終わり、学校が始まる二週目の平日からは急にガラガラになります。

1、2月の閑散期と同じくらい空いています。陽気も良くなるのでおすすめです。

6月・火、水、木

梅雨時期で天気が安定しないため割と空いています。

ただ、雨だと中止になるアトラクションやパレードもあるので、それでも気にしないなら狙い目です。

11月・ハロウィン終わってすぐの火、水、木と月末の火、水、木

ハロウィンイベント終了からクリスマス開始までは比較的空く時期になります。

イベントにこだわりが無ければこの時期もおすすめです。
他の月も、イベントや大きな休みと被らなければ平日の火水木は割と空いています。

ディズニーランドで絶叫系以外のおすすめのアトラクションは?

ディズニーランドは、知っての通り7つのエリアに分かれています。

①ワールドバザール
②アドベンチャーランド
③ウエスタンランド
④クリッターカントリー
⑤ファンタジーランド
⑥トゥーンタウン
⑦トゥモローランド

それぞれ設定があって、その場にいるだけでもわくわくしてきます。
絶叫系のアトラクションに乗らなくても楽しめるアトラクションはたくさんあります。

ワールドバザール

オムニバス

オムニバスはプラザを一周して乗降所に戻ってくるスタイルのアトラクションです。
オムニバスはパレードルートを走るので、パレードの前後は運行休止になるので注意してくださいね。

アドベンチャーランド

ジャングルクルーズワイルドライフエクスペディション

リニューアル後オリジナルのBGMやプロジェクションマッピングが追加されてさらに面白くなりました。

映画ライオンキングのBGMなどが使われたり、ダイナミックな演出が楽しめます。

ウエスタンランド

蒸気船マークトウェイン号

水上の宮殿と呼ばれた真っ白な4階建ての蒸気船に乗ってアメリカ河を一周する12分の船旅です。

一度に475名も乗れるので待ち時間も短めです。
トムソーヤ島、ビックサンダーマウンテン、ウェスタンリバー鉄道を見ながら優雅な時間を過ごせます。

ファンタジーランド

ピーターパン空の旅

リニューアル後、ピーターパンの影や街の光、星空などきらびやかな演出がよりパワーアップしました。

急降下したりゆれたりしないので安心して乗ることができます。

トゥモローランド

スティッチ・エンカウンター

宇宙にある銀河連邦がスティッチを監視するため地球に作った、という設定のアトラクションです。

シアタールームにいるゲストをスティッチがランダムに指名してやりとりをしてくれます。

ディズニーランドで絶叫系が苦手な人の楽しみ方とは!?

まずアトラクションから楽しみたいなら、動きの緩やかな乗り物を選んで乗ってゆきます。

一つ乗ったら、移動がてらパーク内の散策も良いです。
パーク内には季節を感じられるお花が綺麗に咲いているので、お花鑑賞しながら記念撮影もできます。

春はプーさんのハニーハントのファストパス発券所近くにある桜の木がとても綺麗に咲くのでおすすめです。
パークエリアによって音楽が変わるので、散歩しながら意識して聞くのもおもしろいかもしれません。

パーク内を歩いていると、午前中はあっという間に過ぎてしまうはずです。

混まないうちに時間をずらしてゆったりランチタイム

そうしたら、混まない内に早めにお昼ご飯を食べましょう。

ランチは軽く、ワールドバザールにある「リフルレッシュメントコーナー」でホットドックや、ファンタジーランドにある「キャプテンフックスギャレー」でピザなど。

もう少ししっかりした食事だと、ウエスタンランドにある「ハングリー・ベアレストラン」のカレーや、クリッターカントリーにある「グランマ・サラのキッチン」のドリアなどがおすすめです。

パレード鑑賞は場所取りも必要!

お腹もいっぱいになったらパレード鑑賞です。
鑑賞するならよく見える位置で鑑賞したいですよね。

パレードの場所取りをできるのは開始1時間前からです。
パーク内にある、ポップコーンやチュロスを片手に早めに場所取りしても良いですね。

キャラクターが良く見える位置にいれば、テンションが上がること間違いなしです。
パレードが終わったら、また緩やかな乗り物と園内散策をして夕飯も忘れずに。

ディナーはちょっと奮発してアドベンチャーランドにある、「クリスタルパレス・レストラン」や「ブルーバイユー・レストラン」などだと、落ち着いて食事ができます。

少し値段は高めですが、事前予約もできるので便利です。

お土産タイムも確保して!

お土産は帰り際に買いますが、定番のクランチは、自分で食べても良いし誰かにお土産であげても喜ばれます。

形に残る物だったら、ポールペンやマグカップは人気ですね。
また、その時に開催されているイベントにちなんだグッズも記念になるので良いですね。

ただ、帰る頃にお土産屋さんに行くと混むので、到着したらすぐにお土産を買ってコインロッカーに預けておくのもアリです。

本来は、アトラクションに並ぶ時間がかなり占めますが、人気のアトラクションに乗らない事で有効な時間が増えます。
上手に活用すれば、その分ゆっくりディズニーランドを楽しめます。

まとめ

ディズニーランドは、絶叫系のアトラクションに乗らなくても1日居られますね。

むしろ、帰りたくなくなりそうです。
たまには、視点を変えてゆっくりと楽しむのも悪くないですね。

こちらの記事もお勧めです。
⇒ ディズニーランドは3歳でも楽しめる?年齢確認やファストパスはどうなる?

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。